校長先生と

 8月のあたま、地域の学校の校長先生に、就学の話をしに行きました。

 考えがまとまってないし、この学校に決めることにも不安があって、迷っているところでした。

 いつもお世話になってる先生からの電話と、仲良しのママ友の一押しで、校長先生にアポとりの電話をしました。

 すると、「あさってから忙しくなるので、今日か明日だったらお話できますよ。」と。

 う~ん、だったら今から行って話すか!と一念発起し、お願いしました。


 ぴりちゃんは林間学校に行っていて留守だったので、コーキー1人をママ友に預かってもらい、ひとりで話に行きました。


 校長先生は、女性の先生です。前にも記述しましたが、教育委員会で長くお仕事をしていたそうです。 さっぱりした感じの印象です。


 「いつもお世話になってます。」と、あちらから言ってくださいました。

 ぴりちゃんの学年で役員をしてるし、絵本ボランティアもしてるので、かなり顔はわれてます。(笑)


  「息子の来年度の就学のことで、相談にのっていただきたいのですが・・・。」

  から切り出し、だいたい40分位話しました。


  自分が、今迷ってること。普通級にと思っていたけど、やはり支援級に惹かれだしている。
  そして、知的の支援級を作れるか?などということを、伝えました。


  校長先生は初めに、「最終的には、親御さんの意向に沿うので、こうしたいといわれたことに対して、こちらも一生懸命努力はします。」と言われました。

  その後、「でも、やっぱり支援教育は大事だなと、実感しているところなんですよ。」と、今年できた情緒の支援級を例にあげて、お話されました。

 私も、今の迷っていることを正直に話せたし、校長先生のお考えもなんとなくわかったしで、話に行ってよかったなあ~と思いました。


  ただ、私が迷わず、「やはり、普通級で、加配をつけて・・・。」とお願いしたら、どうでるだろう・・・。そんなことも考えます。

  まあ、ちょっと前進できた気がして、スッキリしました。

  今度は、就学相談後に話しに行きます。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2009-08-23 08:14 | 就学のこと


ミレニアムBABY、元気いっぱいの女の子、ぴりか。  2004年生まれの男の子、ダウン症持ちのコーキー。   我が家のちいさなひとたちを中心に、平凡のような、そうでないような毎日を綴っていきます。


by decorfin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
家族で
おもちゃと療育
日々のこと
ぴりかのこと
コーキー幼稚園生活
コーラス
みよのお気に入り
造形教室
絵本
ダウン症や障碍のこと
心に残ったこと
就学のこと
コーキーの成長
コーキー学校生活
手話
ホメオパシー
コーキーのことば
コーキーのピアノ
未分類

最新の記事

お久しぶりの記事♪
at 2011-04-06 22:01
ちがった!
at 2011-02-22 08:30
体験入学
at 2011-02-09 09:47
自分の夢
at 2011-02-06 08:01
ちょっとちょっと!
at 2011-02-04 09:00

HP&ブログ

以前の記事

2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧