カテゴリ:就学のこと( 19 )

就学について3

 一番近い支援学校、近くの小学校の支援学級をいくつか、ダウン症児の先輩が通う普通級、いろんなところを数年かけて、ゆっくりと見てまわった。

 どこかに決めるためというよりも、自分の気持ちの整理や、回っているうちに答えが出るかもという感じで。


 そして、年長の7月、答えを出した。

 地域で、みんなと一緒に育てていく。でも、普通学級では、今のコーキーにはあまりにも負担が大きすぎる。

 だったら、地域の学校の支援学級に。

 地域のN小学校には、情緒の支援学級はあるが、知的はない。

 どうしたらいいか、考えていてもらちがあかないと思い、N小学校の校長先生に相談に行った。


 夏休みに入って数日後のこと。
  

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2010-05-13 08:21 | 就学のこと

就学について2

 年少年中で、コーキーについてくださっていた先生が、年中の終わりに辞められた。

 ご本人は、卒園までみたかったと、本当に残念がられていたが、園にも事情があるのだろう。

 
 このY先生とのお別れは、私やコーキーにとって、かなり辛かった。

 コーキーは、言葉では表現できなかっただろうが、悲しかったと思う。

 私はというと、別れの朝3時頃から目が覚めて、涙がとまらなくなったほど。

 それでも新しい出会いは、きっとコーキーにとって素晴らしい成長につながると信じていた。


 先生が辞めて、コーキーに変化がおきた。

 園に行くのを拒む日が増えた。

 そのことで私自身、年長の一年は、苦しい日が多かった。

 コーキーの調子がいい日は私の心も晴れ、機嫌が悪く手に負えないときは、私の心は疲れきった。


 成長や他の理由もあるだろうけど、Y先生を失ったことは大きかったと思う。

 先生ご自身の自信満々なところに、ときどき圧倒され、びっくりさせられることもあった。

 でも、コーキーの居場所をつくること、お友達との中を取り持つことに関しては、スペシャルだった。

 きっと、天性のものだったんだろうな。

 本当にパワーに溢れている方だった。


 年長に上がるまで、お友達とちゃんとコミュニケーションがとれているとまではいかなくても、楽しんでいると思っていた。

 コーキーは、お友達の中にいることが好きだと思っていた。

 でもそれは、その先生の力が大きいからこそありえたことだった。

 
 今となっては、コーキーの実力がわかって良かったとも言える。


 ずっと普通級でと考えて、なんの迷いもなかった自分が立ち止まった。

 年長になってから数ヵ月後、支援学級に通うことがベストだと答えを出した。

 分けずに育てて行きたいと思い続けていた自分にとって、苦渋の選択だった。


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

 
[PR]
by decorfin | 2010-05-12 17:20 | 就学のこと

就学について

 ぴりちゃんとコーキーを学校へ送り出し、時間差で私も学校へ。

 朝、先生が来るまで教室の廊下で待機する。

 平日は毎日の日課になっている。


 家に帰って、おうちのことをしようと思うが、いつもダラ~ンと気が抜ける。


 幼稚園のときに比べて、朝の余裕のあること。

 やればできるじゃ~んと、コーキーだけでなく、自分自身にも言いたい。



 就学活動、コーキーの場合。

 私が具体的に考えだしたのは、コーキーが幼稚園に入ってからすぐのこと。


 それまでも、漠然と、みんなと一緒に、ごく当たり前に、自分の住む地域で、分けられることなく・・・と考えていた。

 それが、どんな子どもにも与えられる権利だと信じていたから。


 幼稚園に入る前は、まず入園!と、そのことがほとんど。

 ひとつクリアすると、もう次のことを考えてしまう。

 人間の性なのか・・・。


 年少の2月、佐賀に、北村小夜先生の講演会を聴きにいった。

 先生は、どんな子どもでも、普通学級に入ること、決して分けてはいけない!と、熱く語られた。

 自分のそのときの考えに、スコ~ンとはまった。



 実際、市内に普通学級に通うダウン症児の先輩がいた。

 学校に見学に行かせてもらったり、お母さんの話を聞いたりした。

 分けて育てることの疑問は大きくなり、やっぱりみんな一緒に育ってほしいと思っていた。

 
 今でも、みんなでどんなことでもいっしょに・・・という考えは変わらない。

 でも、年長のとき、私の考え方に変化がおきた。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2010-05-11 09:08 | 就学のこと

入学!

 長い長い冬がすぎ、あたたかい春がやってきました。

 ベランダのはごろもジャスミンの蕾も日に日に膨らんできて、花を咲かせるのを今か今かと待っているようです。

 コーキー、地域の小学校の支援学級に入学しました。

 今月の12日が入学式でした。

 今日で3日目になりますが、ぴりちゃんとそのお友達と手をつないで、にこにこしながら通っています。

 母はストーカーになって、後ろをついていってます。

 コーキーの笑顔を見て、これで間違いじゃなかったと、やっと思えました。

 もちろん、今から考えていかなければならないことはあります。

 でも、就学運動をしている間、これでいいんだろうか・・・コーキーにとって、本当に正しい道は??と、母は考えあぐねていたので、ここ数日のコーキーの安定している姿を見て、ひとまず安心しているのです。

 入るまでは苦しいことばかりでしたが、今感じるのは、先生方がコーキーを受け入れようとしてくださっていること。
 
 感謝したいと思います。

 もう少し余裕ができたら、就学問題のことも書いていきたいと思います。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2010-04-14 09:51 | 就学のこと

光の子クラブで

 8月のあたまの数日間、ぴりかは林間学校、コーキーは幼稚園のお預かり(光の子クラブ)に行ってました。

 光の子クラブは、すごくカリキュラムが充実してて、もう少し値段が安ければあと何日か経験させてあげたかったなあと思うところです。
 年長さんになって、夏休みの光の子クラブははじめての経験。手厚い先生方のおかげで、機嫌もよく、にこにこ顔で帰ってきました。


 この光の子クラブに送りに行ったときに、担任の先生と副園長先生と、話をする時間がありました。

 就学相談の資料に書きもれがあり、それを記入しに来たのですが、コーキーの就学のことで結局一時間以上は話しました。
 
 お二人とも、とても親身になって考えてくださってて、感謝です。

 私の考えを述べたところ、副園長先生は、

 「就学相談のときに、今のことをすべて話しましょう。第一希望は加配を付けての普通学級、第二希望は知的の支援級をつくってもらうこと。たとえだめでも自分の希望は言っていいですよ。」

 そのようなことをおっしゃいました。
 
 副園長先生は、コーキーを普通学級に在籍させることに賛成の様子でした。
 
 担任のM先生に伺ってみると、「私は、コーキー君が安心できる場所があれば・・・。」とおっしゃいました。やはり支援級の必要性を感じられてるのだと思いました。 
 
 まさに、私はこのお二人の意見の両方を行ったりきてる感じの数ヶ月なのです。


 副園長先生のような強気の考え(先生ごめんなさい)。理想です。

 「共に生きる」。共生のことばかり考えていた自分は、普通級しか考えていなかった。
 でもM先生は、私と同じように、毎日コーキーと接していて、私と同じように感ずるところがあるのだと・・・。

 安心させてあげられる場所。それが支援級ならば、その選択がいいのか。支援学校も又然り。

 う~ん。早くすっきりしたい。
 


 幼稚園の先生方、いつもいつもありがとうございます。

 コーキーのことを考えてくださり、ありがとうございます。

 感謝感謝です。


 *園長は、大学の院長と兼任なので、副園長が実質園長のような幼稚園です。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2009-08-24 08:34 | 就学のこと

校長先生と

 8月のあたま、地域の学校の校長先生に、就学の話をしに行きました。

 考えがまとまってないし、この学校に決めることにも不安があって、迷っているところでした。

 いつもお世話になってる先生からの電話と、仲良しのママ友の一押しで、校長先生にアポとりの電話をしました。

 すると、「あさってから忙しくなるので、今日か明日だったらお話できますよ。」と。

 う~ん、だったら今から行って話すか!と一念発起し、お願いしました。


 ぴりちゃんは林間学校に行っていて留守だったので、コーキー1人をママ友に預かってもらい、ひとりで話に行きました。


 校長先生は、女性の先生です。前にも記述しましたが、教育委員会で長くお仕事をしていたそうです。 さっぱりした感じの印象です。


 「いつもお世話になってます。」と、あちらから言ってくださいました。

 ぴりちゃんの学年で役員をしてるし、絵本ボランティアもしてるので、かなり顔はわれてます。(笑)


  「息子の来年度の就学のことで、相談にのっていただきたいのですが・・・。」

  から切り出し、だいたい40分位話しました。


  自分が、今迷ってること。普通級にと思っていたけど、やはり支援級に惹かれだしている。
  そして、知的の支援級を作れるか?などということを、伝えました。


  校長先生は初めに、「最終的には、親御さんの意向に沿うので、こうしたいといわれたことに対して、こちらも一生懸命努力はします。」と言われました。

  その後、「でも、やっぱり支援教育は大事だなと、実感しているところなんですよ。」と、今年できた情緒の支援級を例にあげて、お話されました。

 私も、今の迷っていることを正直に話せたし、校長先生のお考えもなんとなくわかったしで、話に行ってよかったなあ~と思いました。


  ただ、私が迷わず、「やはり、普通級で、加配をつけて・・・。」とお願いしたら、どうでるだろう・・・。そんなことも考えます。

  まあ、ちょっと前進できた気がして、スッキリしました。

  今度は、就学相談後に話しに行きます。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2009-08-23 08:14 | 就学のこと

お電話をいただき

 夏休みに入って少し経った頃、ぴりちゃんの学校の先生から電話をいただきました。

 少し前から、コーキーの就学について、いろいろ相談にのってくださってます。
 いろんなことで接点のある先生で、たしか学校では子ども支援という立場にあられると思います。

 「一人でいろいろ考えるより、一度校長と話したら?」と。

 自分の考えがまとまらなくなってきたので、校区の校長先生とお話するのはまだ先だと考えてた矢先の電話でした。

 う~ん。前なら、普通学級に通うためにはどうしたらいいですか・・・という質問やコーキーのアピールの策を練って・・・などと考えていたのですが。

 今は、何が正しいのかわからなくなっていて、正直普通学級で過ごすことが、コーキーにとってかなりのストレスになるのでは?と考えるようになりました。

 まだ、可能性を否定したくない。
 でも、実際おしえたことが、ざるのようにこぼれ落ちていくのを見てたら、なんだか支援級でコーキー独自の学習を積み重ねていく方が良いのではないかと・・・。

 それと、ぴりちゃんと同じ学校に行くのは、ほんとにいいのか??など、そんなことも考えだしました。


 こんな気持ちの状態で、校長先生と話すのもいかがなものかと・・・。

 でも、話に行きました。

 話の内容は又書きます。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
by decorfin | 2009-08-20 11:57 | 就学のこと

まわってます。

 コーキーの就学の選択。
 
 とうとう本番!という感じです。

 1学期の間、私もコーキー就学問題以外に悩むこともあり、かなりブルーになっていました。

 夏休みに入り、少し心に余裕ができたので、1学期の就学活動(就職活動かい!)を報告します。


 まず、幼稚園の先輩たちが行っているまあまあ近い学校の支援級に行きました。

 先輩ママからも、いいよ~~とのお墨つきで、実際見学に行ったらほんとにかなりの好印象を受けました。
 先生にやる気がある!若くて明るい!そして、何より1年前に校長先生の希望で支援級が作られたということ。校長先生の支援級への思いがあついということ。支援級の専属のヘルパーさんも設けていること。普通級との交流を上手にしているらしいこと。
 いいことづくしです。

 次に、少し離れているけど、同じマンションから通っているお友達がいる学校の支援級。

 こちらは、随分前からあるもので、おちついた印象を受けました。直感なのか・・・惹かれませんでした・・・。(直感って大きいですよね。)


 そして、お次は一番近い支援学校。

 当然なのか、先生方がいい!話しやすい!質問に対して、的を得た答えがかえってくる!
 これは、かなり魅力です。
 親子で安心できる場所・・・。ほんとに惹かれます・・・。

 でも、普通学校と比べると、刺激はぐっと減るだろうな・・・といった感じです。



 お次は、校区のぴりちゃんの学校の情緒の支援級。

 今年開設されました。
 情緒だけの問題なので、普通級とは変わらない勉強をしています。
 担任の先生に伺うと、「知的でも入れないことはない。自分は、以前勤めていた学校で、情緒も知的も混ぜて担任をもったことがある。でも、やはり、分けていたほうが指導がしやすいし、こどもたちにもいいように思えた。」と。

 結構本音で話されてる感じがしました。
 
 そして、「知的の支援級を、作ることはできると思います?」と質問したら、

 「そりゃあ、お母さんたちが声をあげればかならずできますよ。」と答えてくれました。


 各学校の支援級を、まだみようと思ってました。
 別にそこに通うということではなくて、いろんなところを比べてみたくて。
 
 でも、やめました。

 学校巡りでまわっているうちに、自分の頭の中もまわりだしたから。

 そして、わけがわからなくなってきたから。

 ついこの間まで、校区の普通学級1本で考えていた私でした。
 でも、コーキーがなかなか人の指示に従えないということ。(いやいやで、てこでも動かなくなる!)多人数のときより、少人数のときの方がいきいきしているということ。
 こういうことは、実際この年齢にならないとわからないもので、想像していませんでした。

 人間好きだから大丈夫。お友達すきだから・・・。と考えた上での、普通学級でした。


 夏休み前、自分の考えの切り替えをにすること、それがしんどかったなあ。
 今は、ふりだしに戻った感じです。

 すべてのことを選択肢に入れて、再スタートです。


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


  
[PR]
by decorfin | 2009-08-19 17:17 | 就学のこと

学校巡り

 今、学校巡りをしています。

 わりと近い範囲の支援学校と支援級に行っています。

 支援学校の先生方の手厚さは、すごく魅力的。

 校区外だけれど、1校気に入った支援級もあり。
 ここは、同じ幼稚園から行っている子達もいて(造形教室メンバー!)、交流の仕方も良くて、担任の先生も感じいい。できて2年目なので、低学年の子が多い。
 何より、校長先生が支援級に熱い思いがあるらしく、今からも期待できそうな予感。

 でも、実は本命は校区内の学校・・・。
 ぴりちゃんの通っているところ。
 情緒の支援級ができて1年目。知的は受け入れていない。


 コーキーが生まれてから、いろんなことを考える中で、健常児との学びの中で、この子は大きなものを得られる・・・そう信じてきた。今の幼稚園でものすごい刺激をうけているし、今の環境はベストだと思っている。

 療育は他でも受けられるけど、集団の中で、みんなの支えの中で生活することも、すごく大事なことだと思う。

 だから、小学校の間だけでも普通学級で、なんとかやれないものだろうかと、ずっと考えてきたのだけれど、今ものすご~く迷っている。

 コーキーはどうしたいだろう。コーキーはどこに行きたいだろう。
 
 みんなと一緒に地域の学校に行きたい?
 それとも、少し離れるけど、顔馴染みの先輩たちのいるところがいい?
 それとも、手厚く、いつもそばに先生がいる、親子で安心できるところ・・・。

 今、まったく自分の考えがわからなくなっている。

 来週、校区内の小学校の情緒学級の見学に行ってきます。そこで、少し自分の考えを先生に相談しようと思ってます。
 
 そこで、又ヒントがもらえればな。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 
[PR]
by decorfin | 2009-07-09 07:18 | 就学のこと


ミレニアムBABY、元気いっぱいの女の子、ぴりか。  2004年生まれの男の子、ダウン症持ちのコーキー。   我が家のちいさなひとたちを中心に、平凡のような、そうでないような毎日を綴っていきます。


by decorfin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
家族で
おもちゃと療育
日々のこと
ぴりかのこと
コーキー幼稚園生活
コーラス
みよのお気に入り
造形教室
絵本
ダウン症や障碍のこと
心に残ったこと
就学のこと
コーキーの成長
コーキー学校生活
手話
ホメオパシー
コーキーのことば
コーキーのピアノ
未分類

最新の記事

お久しぶりの記事♪
at 2011-04-06 22:01
ちがった!
at 2011-02-22 08:30
体験入学
at 2011-02-09 09:47
自分の夢
at 2011-02-06 08:01
ちょっとちょっと!
at 2011-02-04 09:00

HP&ブログ

以前の記事

2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧