手をあげて発表!

 雨降ってます~。

 私は土日風邪でダウンしておりました。久々ど~~っときた感じです。

 コーキーの風邪の看病の疲れで、免疫力がぐっと下がってたんでしょうね。

 
 先日、支援級の担任の先生から聞いたこと。

 先「今日の交流のとき、コーちゃん自分から手をあげて発表したんですよ~~。」

 私「えっ!コーキーが??一体どんな??」


 話をきいてみると、お友だちの作品の感想をみんなで言うシーンだったそうで。

 どんな気持ちで手をあげたんかな~~。

 みんながあげてるから自分もあげた??とか、いろいろ考えました。


 交流級の先生が「はい、コーキー君。」とあてたそうですが、本人はあてられたときどんな気持ちだったかな~。

 
 先生がコーキーをフォローしながら、上手に発表できたそうです。


 
 発語の少ない、そして理解力も表現力も、まだまだ難しいコーキーですが、入学してから先生が日記を書かせてくれてます。
  
 コーキーに文章が書けるのではないのです。

 先生がコーキーの言葉を引き出しながら、それを文章に組み立てて、先生が書いたものをなぞって書いているようです。

 ものすごくじっくりつきあってくれているようです。

 そういう毎日の積み重ねが、コーキーの理解力の伸びにつながってるんだなあと感じます。

 
 支援級の担任のK先生は、パーッとした派手な療育!というイメージはないのですが、コツコツとじっくり一人一人に向き合っているように感じます。

 本当に一人一人を、理解してくれてます。

 真の強さというか、どっしり構えたもの、人間として見習いたいものがK先生には沢山あるように思います。


 感謝の毎日です。



 さあ。今日は造形教室ですemoticon-0159-music.gif

 かわいい子ども達のために、今からいろいろ用意するべしです~~。
[PR]
# by decorfin | 2010-12-13 09:09 | コーキーの成長

マラソン大会

 師走に入り、ますますバタバタしている毎日でございます。

 UPしたい記事も沢山ありますが、あせらず順番に書いていこうと思います。

 
 12月1日に、小学校でマラソン大会がありました。

 当日まで、子ども達は休み時間に走ったり、もちろん授業でも頑張っていたようです。

 ぴりかの4年生の方が先にあり、男子~女子の順にありました。

 ぴりかは頑張った末、一位になりました。(強敵のYちゃん、今年は体調が悪かったのかな?最後の二人のデットヒートが見れなかったけど・・・。)

 すごく称えてあげたいことですemoticon-0152-heart.gif


 そして、お次の時間は1年生が走る番!

 コーキー、完走できるだろうか・・・。

 授業の中で、休まずに完走できましたよ~、と先生から聞いていたので、少し安心してみてはいましたが、やはりドキドキ。

 この大勢の観衆の中で、集中できるかなあと。


 そして、時間がきて、スタート!

 きちんと用意をして、笛の合図と共に走り出したのですが、ズデ~~~ン!とこけてしまいました。

 なんと~~!!寝たまま起き上がりません。
 担任のK先生が、「走るよ~~!!!」と必死に声をかけてくださり、むくむくむく~っと起き上がりました。
 
 泣いてるかな??と心配しましたが、よしっと気合をいれ走りだしました。

 それから、みんなより大幅に遅れをとりましたが、1度も止まらずにゴールすることができました。もちろん、K先生が前で道先案内人をしていてくださったおかげですが。

 最後のグランド1周は、子ども達の「コー君~~~!!!がんばれ~~!」の声援で湧き上がっていました。

 泣くつもりはなかったのに、子ども達の声援を聞いたとたん、涙があふれました。

 同じ幼稚園だったお母さん方も、涙涙。

 みんなに成長を見守られてるね。

 コーキーだけでなく、私もが、勇気を与えてもらえた時間でしたemoticon-0171-star.gif


 この日の夕飯は、二人の大好物の明太子スパゲティemoticon-0159-music.gif 

 楽しい祝勝会となりました。
[PR]
# by decorfin | 2010-12-07 09:56 | コーキー学校生活

連続した2語文

 テーブルにつき、私を呼ぶコーキー。

 コ「ママ~。すわって~。」自分の対面のイスに座れと。

 コ「これ、たべて。」自分のおやつのドライフルーツを私に向けて。

 私「ありがとう。」

 にこにこして、私が食べるのをジーっとみて、

 コ「おいしい?」

 私「うん。おいしいねえ。」


 おやつの時間。おだやかな時間。
[PR]
# by decorfin | 2010-11-27 09:18 | コーキーのことば

「おうどん」

昨日の学校の帰りは、私がいるにもかかわらず、お友だちの手をはなさずにならんで帰っていました。

これは、はじめてのこと。

いつもだったら、私と会ったとたん、お友だちの手をはなして私の方にくるのですが、昨日はお友だちと3人で歩いていました。

そして一人の子と別れ、残り二人であるいてたんですが、お友だちがさ~~~っと先に行ってしまったとき、

「ちょっとまって~~~!」と。

びっくりしました。

お友だちに、こういうふうに執着したのをみたのは初めてでした。

もしかしたら、学校ではこういうことがあるのかもしれません。


それから、おうちに帰って、自分のクローゼットにランドセルを置いて、開口一番、

「がっこう、いった~~~~。」と。

それで、私が「今日は学校で何したの~?」と聞くと、

「おうどん。」

何食べたの~の質問とごっちゃになってるわけですが、まあそれはいいとして、いそいで冷蔵庫に貼っている給食の献立表を見に行くと、なんとおうどんではありませんか~~!!

すばらしい!ブラボ~~!コーキーemoticon-0152-heart.gif

会話!会話になってるじゃないの~~~。

こんなちいさなところに、喜びや幸せを感じられる。


素晴らしい日でした。
[PR]
# by decorfin | 2010-11-26 08:35 | コーキーのことば

助詞・二語文爆発期??

 「コップは~?」

 コーキーが、私がテーブルからコップを片付けた後に、キッチンへやってきました。


 まだ使うのに~~、と言わんばかりか、洗おうとしていたコップを又手にしました。


 びっくりです。


 「~は?」という助詞の使い方を気に入って、「パパは?」「ぴりちゃんは?」などとも頻繁に言うようになりました。

 
 それと同時に、絵本の読み方がぐっと変わってきました。

 (字はまだ読めないので、私が読んだ言葉を絵といっしょに暗記しています。)

 昨日の夜は「ぶうさんのブー」を読んでいたのですが、

 しょっぱなから「ぶうさんのブー!!」と、題名を叫んでいました。

 はっきりとした口調で、「の」という助詞にしっかりとアクセントを付けて。


 たま~にしか出なかった二語文が、毎日頻繁に出るようにもなりました。


 「風船しよう!」「こうえん、いく!」「それなあに~?」


 二語文を口にしたとき、すかさず

 「こうえんいくのね。」

 「それなにかなあ。〇〇ね。」

 と答えるように気をつけています。


 毎日積み重ねていけば、助詞の強化にもなるかしら。


 話が少しでもできると、本人もすごくうれしそう。

 
 人とコミュニケーションできる力、もっと育ててあげたいな。 
[PR]
# by decorfin | 2010-11-24 10:19 | コーキーのことば

Happy Birthday !

昨日は我が愛娘ぴりかのお誕生日でした。

10歳になりました。

10年前、私たちにとって、初めての子として生まれてきてくれたぴりか。

予定日が過ぎてもなかなか出てこなくて、予定日から2週間後に生まれてきました。

合図をしてから、17時間半で生まれてきました。


病院の先生が、ぴりかが出てきた瞬間「これは、でかいぞう~~!!」と、まるで魚を釣ったときみたいに叫んだことを、忘れません(笑)



幼稚園に入るまで、ぴりかと毎日公園に行き、いっしょに走りまわったなあ。

あのすばしっこい小さな子は、私の中にいつも住んでいて、今でも「ママ~~!!」と遠くからかけよってきます。


ぴりちゃん、ママのところに生まれてきてくれてありがとう。

これからも、楽しいことをいっぱいしようね!!
[PR]
# by decorfin | 2010-11-18 09:35 | ぴりかのこと

放課後の過ごし方

 最近寒くなってきたので、コーキー君、朝なかなかお布団から出ることができません。

 夜は7時台や8時台に寝かせるのですが、やはりなんぼ寝ても眠いのでしょう。

 なので、朝は寝ぼけながら、ご飯を食べ、私が身支度まるまるさせます。

 こんなので、身辺自立完璧になるんか~~??というふうにもちらりと思いますが、学校では頑張っているようだし、ぼちぼちいきますか・・・と、私ものんびりいってます。


 学校では、毎日楽しくやっているみたいで、休み時間も自分のやりたいことをしているよう。

 学校に入るまで、「休み時間って・・・、どうすんの??先生職員室行っちゃうし・・・どうすんの???全く想像できない~~~!!」と、不安にも思っていましたが、今はその不安、ふっとんじゃってます。

 この間は、運動場でお友だちと鬼ごっこをしていたらしいですが、サッカーをしている子たちを見て、急にサッカーをしたくなったらしく、教室に行きクラスのボールをとり、又運動場に戻ってきたらしいです。

 この日の昼休みは、支援級の担任の先生が一緒に遊んでくれていたみたいで、その様子を先日話してくれました。

 この一連の動き、前までは想像もつかなかったこと~~~!

 こんな当たり前のようなことですが、細かな成長があってこそ、できることなんですよね。

 母は猛烈に感動ですemoticon-0152-heart.gif


 で、タイトルの放課後の過ごし方ですが。

 ママ友ともよくこの話題になります。

 放課後の過ごし方を充実させてあげたいよね~~~~っと。


 今のコーキーは習い事はとくにしていません。

 大体ランダムに動いています。

 小学校に通いだして、お決まりになったことと言えば、まず帰ってから私とキャッチボール。

 風船バレーを学校でしてから、風船のキャッチボールもよくするようになりました。

 
a0118876_942514.jpg

 
a0118876_954422.jpg


 あと、お友だちがときどき遊びにきます。

 
a0118876_965579.jpg

 
a0118876_97379.jpg


 こんなふうに一緒に何かをするというのは、遊びに来ているあいだ数回のことで、大体別のことをしていることが多いです。
 

 まったり過ごす日が多いですが、作業療法が月に一回、私の造形教室が月に1~2回、あとはぴりかの習い事について行き、その後なんだかんだと時間をつぶすという感じでしょうか。

 余暇の過ごし方、いろいろ考えあぐねます。

 私が与えるものではなく、自分から探し出せたら一番いいですが、まだまだその時期ではないのでしょうか。


 コーキーの楽しめるもの、思いっきり楽しめるもので、放課後過ごせるようになったらいいな。


 あ~~、でも、健康で今を無事に過ごせてることにまず感謝だな~~。

 と、最後はそこに行き着きますです~~。


 今から母はちょっと歌ってきます。

 ゴスペル!!はりきってます~~。

 ハッピークリスマ~~~ス!!!

 ※画像が大きすぎました・・・。お見苦しくてすいません。
[PR]
# by decorfin | 2010-11-17 09:17 | コーキーの成長

我が家のニューフェイス

 
a0118876_10171088.jpg


 「どうぞよろしくemoticon-0152-heart.gif

 ドールハウスのベッドでくつろいでま~す。


  ぴりか命名「レイ君」(レインボーから)

  こざくらインコです。

  親戚のおうちから里子でやってきました。


 毎日こどもたちとたわむれていま~~す。

 
[PR]
# by decorfin | 2010-11-15 10:19 | 日々のこと

ハーモニーランドとアクアビート

ちょっと前になりますが、行って参りました~。

 姉のブログつながりで、我がブログにも遊びにきてくださっているDさんから、ハーモニーランドのチケットをいただいたのを機に、大分旅行決定!



 子どもたち、喜びました~~。


 まずはハーモニーランド

 
a0118876_9433082.jpg


 
 なんか画像がアップ過ぎてどこにいりかがわかりにくいですが、観覧車に乗っています。


 観覧車の上から観ると~、

 
a0118876_9451931.jpg


 こんな感じです~。



 ハーモ二ーランドで目玉な乗り物?トロッコのような列車。

 
a0118876_9473040.jpg


 またまたアップでわかりにくい~。

 自然の中を結構なスピードで走りぬけるので、大人も楽しめます。



 1日目にハーモニーランドで楽しみ、その後旅館で宿泊。

 やっぱり大分・別府のお湯はいいですの~~。


 上げ膳据え膳のひとときは、年に数回欲しいですよねえ。(主婦のみなさん~~)


 そして、次の日はアクアビート!

 わたくし、九州に来て20年以上経つというのに、アクアビート初体験でございました!

 なぜかシーズンオフは、宮崎シーガイヤや南の島に泳ぎに行ってました。

 こんな近くに涼しい季節でも泳げる場所があったなんて!!

 誰かおしえてくれれば~~emoticon-0110-tongueout.gif

 って、多分前はアンテナが立っていなかったんでしょうね、その方向にemoticon-0148-yes.gif


 しかし、中は熱気がすごすぎて、少々気分が悪くなりました。

a0118876_9593754.jpg


a0118876_1005451.jpg
 ぴりか&コーキー&やっちゃんをさがせ!


 私は久々のスライダーに10回以上も乗り、頭くらくら~(でも、楽しかったわ~。ぴりかと一緒だから、違和感なくすべれるよね~。)

 ぴりかは多分20回位はすべったかなあ~。



 コーキーは、波のあるところで、寄せては返す水で遊んでおりました。


 又、泳げる場所を求めて、みよファミリーはさまよいます。

 今度は海外か~~~emoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif


 って、やっちゃんから「そんな金どこにある??」と言われそう。

 ふふっemoticon-0136-giggle.gif
   

 
[PR]
# by decorfin | 2010-11-15 10:08 | 家族で

~も。

 コーキーが、コップをふたつとジュースをキッチンから運んできました。

 テーブルの前で自分で入れようとしていましたが、うまくいかず、私の方を見て「入れて~」と。


 ひとつのコップに入れてあげました。

 私「はい、どうぞ。」

 コーキーはもうひとつのコップも差し出してきました。

 私「ひとつでいいよ。」

 コ「これも!」


 !!「~も」という表現を使ったのは初めてでした。

 私「これも入れるの?」
 
 コ「うん!」

 私「じゃあ、これも入れようね。」


 「~も」の表現の仕方をどの位理解しているかはわかりませんが、本人がすごく意識して言ったのを感じました。

 
[PR]
# by decorfin | 2010-11-11 08:38 | コーキーのことば

風船あそび

 コーキー、学校から帰って、所定の位置にランドセルと帽子を置き(ビバemoticon-0152-heart.gif習慣化!)

 風船をもち「ボール、する!」と私に言う。


 私「どこでするの?」

 コ「こっち!」リビングを指差して。



 今までことあるごとに、「どこでする?」「どこに行く?」「どこにある?」と聞いてきました。

 本当にごく最近「どこ」という概念がついてきたように感じます。


 「どこに?」という質問のあと、コーキーが答えられなかったら、場所の名前を言っておしえました。
 
 花開き始めてますemoticon-0157-sun.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-11-05 10:01 | コーキーのことば

ごっこ遊びによせてもらい

 コーキー、学校後のあそび


 右手にイヌのぬいぐるみ、左手に車を持って、ごっこ遊びをしていました。

 私もそれによせてもらい、(私ももう1匹のイヌを持ち、仲間にいれてもらう感じで)


 私「これなあに?」

 コ「くるま。」

 私「そうね。あかいくるまね。」

 コ「たすけて~~。」イヌがくるまにやられている。コーキー迫真の演技。なにやらモニョモニョいいながら、何度もたすけてを言う。

 私「ねえねえ。だれがたすけてって言ってるの~?」

 コ「イヌ」


 だれ?と言う質問がだいぶ通るようになってきた気がします。
[PR]
# by decorfin | 2010-11-05 09:53 | コーキーのことば

コミュニケーションの大切さ

 コーキー君、前に比べると、随分言葉がでるようになりました。

 でも、コミュニケーションとなると難しいことも多く、言葉の理解力をもっと深めていかせたいなあと感じます。

 表出言語の前に、理解できる言語を沢山積み重ねていかなければならないことを、痛切に感じます。


 コーキーは、よく独り言を言うし、お人形や車を使ってごっこ遊びをするのが好きです。

 そのとき、自分なりの会話をしています。


 その会話が、私たちとの会話に活かせたら・・・といつも思います。


 もっともっと会話でコミュニケーションをはかることができたら、本人の内にある様々な感情を開放させてあげることができるのに・・・。



 しかし、前よりは随分手ごたえがあります。


 質問したことに沿った答えも多くなってきました。


 うまく誘導してあげられるよう、ちょっとした工夫をしていきたいと思います。




 昨日の会話


 台所で夕飯の支度をする私のところにきて、

 こ「みせて~。」お皿の上のものを見たがり背伸び。

 こ「おにぎり?」

 私「そうよ。おにぎりよ。」

 こ「わ~~。たべたい!」


 最近、~したいということが増えてきました。欲求がいろいろ自分の中で明確化されてきたからでしょうか。

 ぐずりが減りだしたのも、関係しているかもです。



 
[PR]
# by decorfin | 2010-11-05 09:42 | コーキーのことば

直りました。

新機種購入か?!というひそかな希望に沿わず、携帯直りました。


なんでか、機嫌悪かったのかしら~~?とそれでとりあえず自分の中で解決しております。


しかし、最近機嫌を損ねることが多いので、買い替えを考えはじめなければなりません~~。




今日は冷えます。


外に出ると、冬将軍がやってきたかな?という感じがしました。


ちいさなひとたちも、いつもより服を1枚多めに着て学校に行きました。


日暮れも早くなったし、秋をゆっくり味わう前に、冬がきそうな予感。



ちょっとずつ冬支度をはじめなければですemoticon-0100-smile.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-10-26 10:56 | 日々のこと

携帯電話

 今日の夕方から、携帯電話でのメールの送受信、通話ができない~~!

 なんでかしら???


 今、HPを見てる方で、いつも携帯に連絡してくださる方~。


 ごめんなさい。しばらく携帯使えないかも・・・。


 ただ、アナログ生活になってみたい気もしている今日この頃。


 だってだって、あまりにも携帯に依存しすぎている生活で、昔自分がどういう行動をしていたかが思い出せないんです。

 きっと、人との約束は、一度にしっかりまとめてしていただろうし、待ち合わせなどもしっかりと。


 あ~~。携帯のあるおかげ?せい?で、数々の偶然やロマンスなどが消えてんだろうなあ。

 
 便利すぎる世の中は、人間の五感を鈍らせて、動物の感なるものも退化させてってるんだろうなあ。



 えっ?携帯やめるかって?

 
 やめませ~~んよ。


 今や携帯電話は、自分からの情報発信にも使っているものだから。


 何事も、うまくつきあっていくことが大切ですね。

 依存しない気持ちを、常に心がけておきたいと思います。


 って・・・。明日はかなり携帯を必要とする日でした。公衆電話、なかなかみつからないんですよねえ。


 新機種購入か!


 乞うご期待!(別に期待しないか!)
[PR]
# by decorfin | 2010-10-23 23:20 | 日々のこと

先日の講習会

 ホメオパシーの美肌・若返りコース2回目。

 今回もきよこさんの意見・助言をもとに、みんなでわいわいやりました。(きよこさん、ごめんね。いつもうるさい私たちで)


 ホメガオイルと体の中からきれいになるレメディを毎日飲み続けて、1ヶ月ちょっと。


 私への効果は、首に10年あってとれなかった、なんか知らんぷつぷつがとれたことかな。

 
 これ、はっきりした結果ではないと思うのですが、変わったことってホメオパシー位しかないんですよね。


 う~ん、興味深いでしょう。


 
 使用前使用後の写真、とっておけば良かったっす。


 
 しかし、レメディは結構私にヒットします。emoticon-0152-heart.gif


 左目のまぶたの腫れ(多分アレルギー反応)が、ここ1ヶ月位ときどきでてたんですが、エイピス30Cをとったら全くでなくなりました。

 きっと、又出ることもあるんでしょうが、エイピスで完全完治できればいいです。



 ちいさなひとたちには、歯の生え変わりにティッシュソルトの21emoticon-0148-yes.gif

 このレメディは、歯を強化してくれるそうです。


 まだまだ基本のレメディたちを、活用しきれていませんが、ちょっとずつ勉強していこうと思ってますemoticon-0115-inlove.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-10-16 06:48 | ホメオパシー

連合音楽会

 先日、我が町の連合音楽会がありました。

 ぴりかの学校は、毎年4年生が出場します。


 今年の曲目は、「オーラリー」と「日本民謡メドレー」


 ぴりかはの担当は、リコーダーとピアノでした。


 この日のために、みんな一生懸命練習していたので、本番はめちゃくちゃ楽しそうに演奏していました。


 音楽って、本当にいいものです。


 こういう行事、増えればいいのになあ。


 でも、何かにつけ、授業数の確保確保・・・。


 仕方ないことでもあるけど、今の時が大事なのに~。


 情操的なところを育むこと、今しかできないと思うのに~。



 まあ、愚痴っても仕方ないので、いろいろと前向きに進んでいこうと思います。



 
 「福岡なのに、黒田節が入ってないのはなんで?」


 と、何度も言うぴりちゃんでした。


 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-15 09:24 | ぴりかのこと

サッカー

 今日も母は、子ども達の盛り上げ隊?スムーズに行かせ隊?で、マンション下からお見送り。

 その後コーキーがスムーズに行ったかどうかは、ぴりちゃんが帰ってから聞くとして、私としては祈るのみ。


 昨日も風船バレーの練習をみんなでしたけど、楽しかった~~。

 コーキーも風船をおっかけはじめていてびっくり。

 この間の練習では、手は出ててもおっかけはしなかったから。


 う~~ん、成長だああ。


 
 おとつい、連絡帳の日記に(先生が書いて、コーキーが上からなぞるというもの)、

 ”やすみじかんに、サッカーをしました。

  5人でしました。”

 とかいてありました。


 私「コーキー。今日休み時間にサッカーしたの?」

 コ「うん!」

 私「へ~。だれとしたの?」

 コ「Nくん!」


 正解なのか気になったので、先生にたずねてみると・・・・


 ピンポ~~~ンemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gifドンピシャ!(この表現今も使う??)


 かなりうれしい瞬間!!


 そして、昨日学校に行ったとき、ママ友のOが「コーキー君、今N君たちとすごく楽しそうにサッカーしてるよ!」とおしえてくれました。

 N君は4年生の同じクラスの男の子ですが、お勉強が少し遅れているのかな?と感じる位の子です。(お母さんもそうおっしゃいます)

 
 いつもコーキーをかわいがってくれていて、最近休み時間にサッカーをしに連れ出してくれてるようです。


 チャイムがなると、「おし!帰るぞ~~!」と、コーキーに声をかけてくれてました。


 そのあとを必死に追いかける姿は、ほほえましくもありました。




 沢山の先生や子どもたちに支えられて大きくなっているコーキー。



 この学校に来て良かったなあ・・・とつくづく感じる今日この頃です。

 
 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-14 08:35 | コーキーの成長

朝のこと

 今日もたっぷり寝て睡眠量もばっちりのコーキー!

 自らランドセルもしょい、たったと出かけていったのに~~。



 学校の門過ぎてから、調子がくるい、(なんかぴりかとあったみたい)

 校庭に座り込み、動かない大作戦!



 私も出て行きたい気持ちを抑えながら、遠くから見ていました。


 そうなるにあたって、思い当たるふしはあります。


 しかし、ちょっとのことでくじけてしまうところ、コーキーの課題でしょうね。



 結局おねえたちにはお手上げで、フリーの先生を呼びにいってくれました。

 先生の説得に応じ、動き出し、先生と手をつないで教室に向かっておりました。



 そんなことはたまにありますが、学校生活も順調で、先生さまのおかげで身辺自立もかなり進んでいます。

 ほんとに感謝です。


 今日はコーキーのクラスで風船バレーの練習です。(母参加)


 午後からはぴりかの連合音楽会emoticon-0159-music.gif(父母で応援)

 リバーウォークのホールでありま~~す。



 母も気合で家事いたします~~。



 ふ~~。何気にブルーなので、セントジョーンズワートティを飲んでますemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-10-13 09:05 | コーキー学校生活

3連休~~。

 3連休終わりましたね~。

 毎年この時期は旅行に行っていることが多いのですが、今年はやっちゃんの仕事が忙しく、予定を組めませんでした。

 結局やっちゃんは、3日全部出勤だったなり~~。


 かわいそうだったけど、仕方ないです。我が家の大黒柱、がんばれ~~。



 しかし、昨日だけは午前中で終わって帰ってきたので、午後から下関のカモンワーフへemoticon-0159-music.gif

 海を見ながら、にぎりたてのお寿司と揚げたてのふぐのから揚げを食べ、4人での~~んびり。


 海はいいよう~~←加山雄三ふうに(えっ知らない?)


 コーキーは行くよ~~と言っても「うみ!!」と言って、ずっと座って海をみつめていました。


a0118876_9221378.jpg



 
a0118876_9231770.jpg



 
a0118876_925559.jpg




 この後は公園に行きました。

 
 体を動かしたあとは、子ども達もいきいきしています。


 大人も負けずに汗だく~~。


 今週も楽しく頑張るぞいemoticon-0105-wink.gif


 
 もうすぐバレエの時間~~。ひと踊りしてきまっする。


 体がちがちよんemoticon-0148-yes.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-10-12 09:29

何気ないこと

 コーキーの、何気ないこと、何気ない一言に、成長を感じます。


 ちゃんぽんを、どんぶりに入れてわたした私に、「え~~!これに入れて~~。」と別のお皿を差し出す。


 何度言ってもついてこないので、先にさっさと行く私に、「ちょっとまって~~。」


 怒って、自ら投げた人形に向かって、「かわいそうに~~。」


 ほんの数ヶ月前は、こんな言葉のフレーズは出ていませんでした。


 まず、自分の考えに反することをしたら、すぐ切れていました。


 新しい表現の仕方をいきなりすると、その都度ギョッとemoticon-0104-surprised.gifさせられます。


 物真似も前より上手になっているし、動作も前より機敏になっています。

 


 コーキーと沢山おしゃべりすること・・・それが今の私にとっての夢であります。
[PR]
# by decorfin | 2010-10-10 20:45 | コーキーの成長

昨日の運動会

 昨日は子ども達が卒園した幼稚園の運動会でした。

 雨が心配されていましたが、運動会の間は晴れてくれました~~~emoticon-0115-inlove.gif

 誰かさんの日ごろのおこないがいいのかも~~。



 ぴりちゃんは小学生リレーへ出ました。

 コーキーもみんなが誘ってくれましたが、私の足にはりつき~~で、参加はしませんでした。

 コーキーは、その場にいれるだけで100点満点なので、すごく楽しい時間がもてました。


 久しぶりに幼稚園の子ども達を見ると、すごく小さく感じました。

 コーキーもここに半年前までいたんだよなあと思うと、なんだか不思議な感覚に・・・。


 子どもって、知らない間に成長してるんですよね。


 早いなあ。

 
 ほんとに早いなあ。
[PR]
# by decorfin | 2010-10-10 20:31 | 日々のこと

新聞記事

 先日、義理の兄からダウン症児の就学に関する記事が、メールで送られてきました。



 ダウン症児 普通学級進学3割止まり…小学校
2010年9月24日 提供:読売新聞


 小学校進学の際に普通学級を選ぶダウン症児は3割にとどまることが、宮城県
内のダウン症児の親でつくる「どんぐりの会」(日本ダウン症協会宮城仙台支部
)が初めて行った調査で分かった。

 7割は普通学級とは別に各校に置かれる少人数の特別支援学級か、特別支援学
校に進んでいた。「教員の加配などの配慮を求めたが拒まれた」などと学校や教
育委員会の対応を理由に挙げる声も多く、会は「教育環境を整えれば普通学級に
通える子はもっと増えるはず」としている。

 会は6-7月、ダウン症の子供(成人含む)がいる195家族にアンケートし、
79家族が回答。未就学児31人を除く48人に小学校の就学先を聞いたところ
、普通学級が15人、特別支援学級・支援学校は33人だった。

 就学先を決めた理由では、「学区内の小学校を見学したら他に行ってほしい様
子で、別の学校に通うため引っ越した」(小1男子)「加配を求めたら『予算が
ない』と断られた」(中2女子)など、学校の対応や支援が不十分とみられる回
答が目立った。「校長が替わった途端、それまでの配慮がなくなった」(小5女
子)といった声もあった。

 ダウン症は染色体異常によって起きる先天性疾患。ごく普通に生活できるが、
心身の発達に個人差があり、心臓などに合併症を抱える子も少なくない。このた
め「能力的に普通学級は厳しい」と判断した家族もあった。

 普通学級を選んだ親からは「努力すればできると本人が気づいた」「同級生が
自然に受け入れ、支えてくれた」と肯定的な意見が相次いだ。「授業についてい
けなくなった」などの理由で普通学級から支援学級に切り替えた児童も5人いた


 障害のある児童の就学は、市町村教委が就学指導委員会に諮問し、専門家や保
護者の意見を聞いて決定する。仙台市教委は「有識者が適正な就学先を判断して
おり、親の希望だけを優先する訳にはいかない」と説明する。県教委特別支援教
育室は「どの市町村も予算不足で加配教員などの対応に苦慮している」と実情を
明かす。

 一方、政府は6月、障害者権利条約の締結を目指す制度改革の中で、障害のあ
る子が障害のない子と一緒に学ぶ「インクルーシブ(包括)教育」を検討する方
針を閣議決定している。




 その子その子にあった教育の場所を、そのときそのとき臨機応変に考えていけるような、柔軟なシステム・・・ほしいです。

 私は今の現状にすごく満足しているので、せっぱつまった気はないのですが、今現在就学問題の渦中に立たされている方は、切実だと思います。

 私のように、インクルーシブ教育、共に生きる・・・への思いが強いと、より一層困難になるだろうから。

 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-08 08:56 | 就学のこと

絵本読み~~♪

 昨日の学校の絵本読みは、1年生のクラスに行きました。

 このクラスの子たちとは、何かしら関わりがあるクラスで、(交流級ではないのですが、同じ幼稚園の子が多かったり、一緒に帰ってる子たちがいたりと、私も仲良くなっちゃってます。)私が廊下に待機しているときにすでにみんなが私を見てそわそわしている様でした。

 
 こちらのクラスのお友だちと一緒にお願いしますと、幼稚園の先生が学校側にお願いしていたはずなんですが、なぜかふたを開けるとそうではなかったんですよねえemoticon-0122-itwasntme.gif


 まあ、お友だちの層が広がるからいいかっと、自分なりに解釈しましたがemoticon-0142-happy.gif

 と、まあそれはいいとしてemoticon-0148-yes.gif



 読んだ本は

 まず、「だめよ、デイビッド」 さく デイビッドシャノン

 
a0118876_931928.jpg


 これ、文句なしにうける~~。

 絵が楽しい!うまい!そして、メッセージ性も高い!

 いつもいっぱいいっぱいあなたを怒るけど、ママはあなたがだいすきよって。

 みんな、ゲラゲラ笑ってるんだけど、デイビッドがハグされている絵をみて、シ~~~ンとなるんですよね。

 これ、胸に響いていると思いますemoticon-0152-heart.gif


 お次は、「あすはきっと」 さく ドリスシュワーリン


 
a0118876_914051.gif


 この日の朝、ぴりちゃんが、「今日これ読んで~。」と私に持ってきました。

 ぴりちゃんところで読むのでないとわかっていても、いつも自分のお薦めの本を選ぶんです。

 それが、結構当たることが多いので、用意の中に入れました。


 あすは いっぱい できるよ、きょう できなかったことも


 あすには希望があって、あかるくて光輝いてる。

 
 私も元気をもらいました。


 
 最後に、「となりのたぬき」 さく せなけいこ

 
a0118876_9143448.jpg



 うさぎはたぬきのことが憎くて憎くてしかたがない。

 たぬきがすごくいじわるで乱暴だから。

 お月様にたぬきをとっちめてもらうようにお願いした。

 お月様は「よし、たぬきをこらしめてやろう。そのかわり、1ヶ月の間、たぬきに親切にしなさい。そしたら約束を守ってやろう。」

 うさぎはたぬきにすごく親切にしました。

 すると、たぬきは「うさぎって、すごくいいやつなんだ。あいつのためなら、どんなことだってしてやるさ。」と、考え方が変わってきて・・・。


 せなけいこさんのシュールな絵に、どきっとさせられます。

 子ども達、どう感じてるかな??

 いつもけんかになる何人組かの男の子たちをちらっと見ると、真剣なお顔。


 う~~ん、せなさん、すごいですよね。



 それにしても、1年生の教室は、理屈なく楽しい~~~emoticon-0152-heart.gif

 
 おばちゃん、調子にのって、「デイビッドもう一回読む~~??」と。


 子ども達は「わ~~~い!!」



 こののり、6年生にもちいとわけてあげたいわ~~。


 て、無理よねemoticon-0136-giggle.gif

 だって思春期だも~~ん。ふふemoticon-0136-giggle.gif

 
 
 

 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-07 09:24 | 絵本

自分への栄養

 朝は戦争です。

 たった1時間のことではありますが、コーキーの気持ちを学校にもっていかせることに、エネルギーをつかっています。

 今日は眠くてダルダル~~(昨日結構早く寝たんだけどなあ)。

 いろいろ楽しくなるようにもっていってたら、「あっ!バイク!」とご機嫌な声♪

 外のバイクの音に反応して、気分良くなった様子。

 ナイス、バイクemoticon-0152-heart.gif


 ちょっとしたことなんだけど、気分が良くなるきっかけになるんでしょうね。


 自分にもそれはあてはまると思います。

 ちょっとしたいい音楽だったり、映画だったり、絵だったり。



 この間は、ぴりちゃんと二人でチェロとバイオリンとビオラの五重奏を観賞しに行きました。

 弦楽器の音色は、私にとって癒しであります。

 何ともいえないものが、体の中を貫通していくというか・・・(変な表現でごめんなさい)

 
 海の見える、大正時代の煉瓦作りの建物の中で・・・。本当に素敵な空間でした。



 刺激のある楽しみ方は、一時的にはストレス解消になるんだけど、おだやかな時間を過ごすことが、今の私にとって、大事な栄養になる気がします。


 その栄養が、我が家のちいさなひとたちにもながれていっている気がします。

 
 
 さあ~~、今から学校ヘルパーですわemoticon-0157-sun.gif

 結構楽しい時間です。

 行ってきま~~すemoticon-0170-ninja.gif
[PR]
# by decorfin | 2010-10-05 08:47 | 日々のこと

うれしいこと~!

 学校から帰ると、コーキーと私はいつもお話をします。

 会話がなかなか成立することも少ないのですが、この間うれしい成長が!


 私「コーキー、今日も学校行ったね。」

 こ「学校行った!」

 私「学校どうだった?」

 こ「学校行った。」

 私「楽しかった?」

 こ「楽しかった。」

 私「学校には誰がいた?」

 こ「Hくん。」

 (おっと、名前が出た~~!)

 こ「Nくん。」

 (聞いてないのにもう一人言った~~!)

 こ「K先生。」

 
 あっぱれでした!クラスのHくんとNくんとK先生の全員を言ってくれました!

 この会話、入学してからずっとやっているのですが、「誰?」という質問をそもそも理解できていなかったので、難しかったんです~~。


 誰?の質問に、ここ2、3日はH君一人の名前はでていたのですが、聞いていない二人の名前をあげたということは・・・いい線いってるんではないの~~~??


 と、興奮した母でありました。


 何?どこ?誰?の理解は今のコーキーの目標であります!



 

 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-04 09:50 | コーキーの成長

心の傷と失ったもの

 私はときどき、自分がコーキーを産んだあとのことを、人に話したりブログに綴ったりしています。

 誰かのためとか、どうしたいというわけではなく、自分の頭の中を整理するために・・・という感じです。

 前記事に書いたように、産後1ヶ月は悶々状態。

 急にやる気がなくなり、夕飯もつくることができず、子ども達と戯れるだけ・・・。そんなとき夫のやっちゃんが会社から帰ってきて、そんな私に気づき、「なんか出前でもとるか!!」と。

 出前や外食が苦手なやっちゃんの、その何気ない優しさに、その当初はかなり救われました。

 ちょっとしたことなんだけど、そういう支えは1歩踏み出すときに、必要なんだと思います。


 お友だちのお友だちのお子さんがダウン症持ちということで、そのお友だちのお友だち(なんかややこしいからOさんにします。)から電話がありました。ちょうど産後1ヶ月くらいのとき。


 「もう傷は癒された~?」とOさん。

 はじめに、すごく柔らかな口調で尋ねられました。

 そのとき、私の中で、びびっとくるものがありました。

 「きず・・・。そうか、きず・・・。私、傷ついてたんだ・・・。」

 自分への情けない気持ちが、なんだかスーッとひいていく気がしました。


 私にとって、まず必要だったのは、障碍を受け入れられない自分を受け入れること。

 傷ついたならば、それを少しずつ癒していくこと。

 気づくことって、とても大事です・・・。




 それから随分たってですが、産後の気持ちを明確に表してくれた記事を、何度か見ました。


 心理学的には、障碍を持つ子を産んだと同時に、健康な子の存在を失う・・・亡くすというふうになるとか。

 「失うこと」

 自分が思い描いていた健常な子のイメージ、自分にとって大切なものを失う。

 それと、健常な子を産めるはずだった自分というものを失う。

 これはかなりのダメージだそうです。

 そして、こういうショックを受けなかった場合は、意識の下に押し込んでいることが多く、誰かにすぐ話した方がいいとか。

 心がそのことを考えると混乱したり、破綻するので、自動的に押さえて意識に上ってこないようにしているからと。

 混乱するのは普通の反応だから、そのときにど~~~っと出しちゃった方がいいということですよね。(なんだか病気の原理とも一緒だなあ)



 こういうことを知って、私はまたまた産後の自分の考えの整理がつきました。

 
 私は小さい頃から「子どもは男の子がほしい!!そして、野球選手にするの~~!」

 なんて言っておりました。

 ですから、おなかの子が男の子だと知ったときは、すごくわくわくし、(あっ。誤解のないよう。女の子のときも、別のことでわくわくでした。)男の子の将来の夢を、いろいろ想像していました。

 「私もやっちゃんも足速かったから、きっと足速いはず。やっぱりスポーツ選手よねえ。イチローみたいになって、大リーガーとかなったりして・・・」とか夢が果てしなく続いて・・・。


 とそんなすごいことでなくても、親ならば、自分の子どもの将来に少しは希望を持ったりすると思います。(平凡でもいい。幸せな家庭が築けたら・・・とか、健康で明るい子に育ったらとか)

 

 自分の子どもの未来の想像を失う・・・というか見失う・・・といった状態になるんでしょうね。


 産後の自分の気持ちの複雑さはここでは書ききれませんが、単純に考えると、喪失感が一番だった。そう思います。


 
 ただ今はっきり言えるのは、私の男の子はコーキーただ一人だということ。

 イチローにはなれないけど、彼の未来は光輝いているということ。

 私にとって、かけがえのない存在になっているということ。


 
 それは、私の人生の中で、とてもとても大きな意味を持つものだと思います。



 産後に読んだ詩で「オランダへようこそ」というのがあります。

 ダウン症の方の親御さんが書かれたものです。

 
 もう一度冷静な気持ちで読んでみると、又違うものを感じます。

 
 
 
 「オランダへようこそ」       作 エミリー・パール・キングスリー  


   
 私はよく障害を持つ子供を育てるって、どんな感じか聞かれることがあります。障害児を育てるというユニークな体験をしたことがない人が理解して、想像出来るようにこんな話をします。

 出産の準備をするというのは、すてきな旅行の計画をすることに似ています。例えば、イタリアへの旅。旅行ガイドをどっさり買い込み、現地での行動を計画します。ローマのコロシアム。ミケランジェロのダビデ像。ベニスのゴンドラ。簡単なイタリア語を覚えるかも知れません。とても、わくわくします。

 そして、何ヶ月も待ちに待ったその日がやってきます。あなたはカバンを持って、いよいよ出発です。数時間後、あなたを乗せた飛行機が着陸します。スチュワーデスが来て、「オランダへようこそ。」と言います。

 「オランダですって?」とあなたは驚きます。「オランダってどういうこと?私はイタリアへ行くはずだったのよ!ずっと前からの夢だったのに!」  しかし、飛行計画が変更になり、オランダへ着陸したのです。あなたはそこに留まらなければなりません。

 ここで考えて欲しいのは、あなたは不快で汚くて、伝染病、飢饉や、病に侵されたひどい場所に連れてこられたのではないと言うことです。ただ、ちょっと違う場所なのです。

 あなたは、新しい旅行ガイドを買わなければなりません。そして、全く違う言葉を覚えなければならないのです。また、今まで会ったことのない人々に出会うことになります。

 ちょっと違う場所へ来ただけなのです。イタリアに比べて、時はゆっくりと過ぎていき、イタリアのような華やかさはありません。でもしばらくここにいて、深く息を吸いこんで、周りをみわたすと…オランダには風車があることに気がつきます…チューリップも。オランダにはレンブラントの絵もあります。

 あなたの知人たちは、イタリアへ行ったり来たりして、とても楽しい時間を過ごしたと自慢します。あなたは残りの人生、こう言い続けるでしょう。「私もイタリアへ行くはずだったの。そのつもりだったの。」

 イタリアへ行けなかった痛みは癒えることはないでしょう。失った夢はあまりにも大きすぎるのです。

 しかし、いつまでもイタリアに行けなかったことを悔やんでいると、オランダのすばらしさや、美しさを楽しむことは出来ないでしょう。


 
[PR]
# by decorfin | 2010-10-04 09:28 | ダウン症や障碍のこと

ダウン症者の活躍から

コーキーを出産後、私は1ヶ月位はこの現実を受けいれられなかったと思います。

 
 生後1週間で笑えるようにもなったし、冗談も言えるようにもなったし、自分の気持ちがどんどん軌道にのっているかのように思えました。

 
 だけど心は正直でした。

 毎朝目が覚めると、このことは夢だったのではないかと、起きてすぐコーキーの寝顔を見に行き、「やっぱり、そうか。」と思う。

 それを何度も繰り返しました。

 
 障碍をもった我が子の未来を悲観し、障碍を受けいれられない自分を責め、もがき苦しんでいました。

 
 そんな自分に最初の光を与えてくれたのは、1冊の本「走り来たれよ、吾娘よ」でした。

 ダウン症をもつ岩元綾さんのご両親が書かれた本です。

 本当に光が見える・・・。そんな感じでした。

 
 ダウン症の言葉は知っていたけれど、そう深い知識はなく、将来一体どうなるのか??という不安でいっぱいの中、綾さんの歩みはまさに希望の光に思えました。


 それから、走り来たれ・・・が私にとっての起爆剤となり、あらゆる本やあらゆる方のHPをみさせていただき、勉強していきました。


 そんな中、目にとまった方の一人に、パスカル・デュケンヌさんという方がいらっしゃいます。

 フランス人でダウン症を持つ方です。

 パスカルさんは俳優で、「八日目」という映画に出ています。(カンヌ映画祭で主演男優賞受賞)
 ダウン症を持っている青年という役柄で出演しています。

 彼は小さい頃から英才教育を受け、めきめきと頭角を現していった・・・・と、どこかの記述を読み、そうだとずっと思っていました。

 でも、この間「働く主婦の独り言」の主婦さんが書いた記事→(こちら)を読み、そうではないということを知りました。

 彼は、ダウン症者の中でも、ゆっくりの成長だったらしいです。

 ご自分の努力、周りの努力がいかに大きかったか。

 素晴らしい軌跡だと思います。


 
 ダウン症者の活躍は、私たち親や子どもにとって、すごくすごく励みになります。

 モデルになった方や俳優になった方、大学を卒業したり結婚をしたりする人の話。

 我が子の未来が切り開けていく感じがします。

 
 でも・・・。ちっちゃい頃はそれで心の支えになるのだけど、成長していくにつれ、少し考え方が変わってきます。

 大人になって活躍されている方達の多くは、小さいころの成長がわりとスムーズな印象をうけます。

 なかなかトントンと成長していかない我が子は、ああはならないのかなあと考えてしまいます。

 (ここでも又受容が必要になってくるわけですが。)


 だけども、決して優等生ではなかったパスカルさんの新たな一面を知り、又明るい未来の想像ができるように・・・。(きっとこんなことの繰り返しです。)



 ここで、間違えてはいけないのは、あくまでもパスカルさんはパスカルさんだということ。
 
 岩元綾さんは岩元綾さんだし、我が子にあてはめて考えなくても良いということ。


 我が子は我が子だと、だれと比べられるものでもない。

 我が子オリジナルの人生のお手伝いをしてあげられる親になること。


 肝に銘じていきたいと思います。



 それにしてもダウン症者の活躍は、世界の方々の認識や常識を覆していってくれるたのもしいものです。 

 

 

 
[PR]
# by decorfin | 2010-09-30 08:54 | ダウン症や障碍のこと

成長してるな~~。

 雨が降るごとに、少しづつ秋の風が吹いていっている感じがする今日このごろ。

 コーキーもやっと軌道に乗り始め、元気に学校へ行くようになりました。

 
 コーキーを朝送りだすことに、ちょっとした工夫をしています。


 まず基本中の基本。早寝早起き。

 絶対~~!と力はいれてはいませんが、これが整うと機嫌が全然違います。

 夏休みの間にかなり崩れてしまい、それを元に戻すのは、ちょっと時間がかかるようでした。(ぴりちゃんよりもコーキーの方が。)

 ほんの30分程度のずれでも、子どもにとっては大きいのかな。特に成長期の子どもにとっては。

 気をつけたいことです。


 次に、朝ごはん。

 コーキーには、好物の麺類にすることに。

 今日の朝も「コーキー。おうどんあるよ~~。」

 「うわ~~お~~。ちゅるちゅるだ~~。」

 と言って、着席。

 おなかにものが入ると、なんだかやる気になるのかな。


 そして、母の心がまえ。

 朝は怒らない。

 「朝は一日の始まり。怒ると、1日中怒る気持ちが残るよ。」

 我が母に昔から言われていたことを思い出す。

 それを実行しています。

 
 コーキーがどんなことをしても、さっと切り上げさせ、(たとえば物を投げる、地べたに寝るなど)無表情で注意だけをし、他のことに気を向かせる。


 これ、昔からやってはいたんですが、最近ようやく芽がでてきたような気がします。

 他のことに気を向かせることひとつとっても、ある程度の理解力が必要になるからです。

 言葉の理解力、先の見通しなど、これが備わっていないと、自分の中で一体なにが起こっているかがわからずパニックになってしまう。


 ちょっとのことなんだけど、これがかなりの部分を占めていると感じます。


 コーキーに話すとき、前よりも手ごたえがあります。これは数字などで表すことはできない、母の実感です。



 コーキーの成長、まだまだまだまだ続きま~~~すemoticon-0115-inlove.gif


 ぴりちゃんとそのお友だちMちゃんに感謝して・・・


 今からスクールヘルパーに行ってきま~~す。

 
[PR]
# by decorfin | 2010-09-28 08:39 | コーキーの成長

我が子のクラスで

 先日の絵本読みは、我が子コーキーのクラスでした。

 交流の方ではなく、支援級の方。

 絵本読みのときは、支援級2クラス合同になります。


 まず、金子みすずさんの童謡集から。

 
a0118876_19432231.jpg


 夏休みに行ったみすずさんの記念館で、ぴりちゃんに買ってあげたものです。

 ぴりちゃんはこの童謡集が大好きで、よく音読しています。


 この中から2編ほど読み上げましたが、子どもたちはよく聞いていました。

 読み出したらシ~~~ンとなったというか。

 詩の力ってすごいなあと、つくづく感じました。


 次は、落語絵本の「じゅげむ」

 
a0118876_19493948.jpg
 


 これ、どの学年いってもうけるのですが、ちょっとクスッとしたのを聞いただけであまり反応ありませんでした。

 微妙な言い回しや、笑いの含みなどはピンとこなかったんでしょうね。


 うんうん。おばちゃんは今度もっとダイレクトな笑いのものをもっていくわね。


 と思って教室をあとにしました。

 

 来月はどんなクラスに行くかなあ。楽しみ楽しみ。
[PR]
# by decorfin | 2010-09-25 19:56 | 絵本


ミレニアムBABY、元気いっぱいの女の子、ぴりか。  2004年生まれの男の子、ダウン症持ちのコーキー。   我が家のちいさなひとたちを中心に、平凡のような、そうでないような毎日を綴っていきます。


by decorfin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
家族で
おもちゃと療育
日々のこと
ぴりかのこと
コーキー幼稚園生活
コーラス
みよのお気に入り
造形教室
絵本
ダウン症や障碍のこと
心に残ったこと
就学のこと
コーキーの成長
コーキー学校生活
手話
ホメオパシー
コーキーのことば
コーキーのピアノ
未分類

最新の記事

お久しぶりの記事♪
at 2011-04-06 22:01
ちがった!
at 2011-02-22 08:30
体験入学
at 2011-02-09 09:47
自分の夢
at 2011-02-06 08:01
ちょっとちょっと!
at 2011-02-04 09:00

HP&ブログ

以前の記事

2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧