就学について8

 ずっと北村小夜先生の言葉を思い返していた。

 「どんな子どもでも、普通級に入るべきだ。分けてはいけない。」


 コーキーが支援級がベストだと考えだしたのは、あの子が少人数のときの方がイキイキしていることを確信したから。

 大人数で楽しむことももちろんあったが、やっぱり少ない方が楽しそう。

 分けてはいけないことにこだわらないで、分けても上手にみんなと付き合える方法があるはずだと、自分の頭を切り替えた。


 でも、地域の中で、みんなと一緒に育てることに意味があると思ってる。

 最初が肝心。

 それは、今まで学んだことでも大きなことだから、こだわりたかった。



 校長室に入った。

 校長は私の顔もあまり見ず、冷たい口調で、教頭も来るから待ってくださいと言われた。


 今までの話しあいのときと、明らかに空気が違うのを感じた。

 教頭先生が来られて、話し合いが始まった。


 私は、支援学級ができないようなので普通級に入れてくださいと、お願いした。


 ずっと自分の地域への思いを話したのに、校長は一言、

 「お母さんが、どうしてそこまで地域に固執するのかわからないんですよね。」と。


 聞いてなかったんかい!!!


 でも、何を言われても気持ちは変わらないということを伝えた。


 すると校長は、「時間をください。」と。



 その日の話し合い、1時間半。

 さあ、これからどう動く?いろいろ考えた。

 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村 
[PR]
# by decorfin | 2010-05-19 18:20 | 就学のこと

就学について7

 市議会議員のKさんと話したあと、一緒に教育委員会に行った。

 今まで話すことのなかった、管理職クラスの方達と話した。

 今までとは違う、ふかふかソファのある部屋で。

 
 自分のいろんな思いを話した。

 でも、今年の支援級開設は0パーセントと言われた。

 この言葉、別の場所で、いろんな方から言われてた。

 議員のKさんも、別の意見を話し出した。

 コーキー君は、判定は支援学校だが支援学級に入れてほしい。最初は隣りの校区に入学で、必ずさ来年度、N小学校にも支援級を作ってくださいと、そんな話。


 私の考えとちょっと違った。


 委員会の方は、「必ずそうなるよう、努力します。」的なことを言われた。


 なんだかまるく治まりそうな感じ・・・。


 でも、正直に自分の考えを話した。

 「息子はN小学校に行きます。支援級が無理なら普通級に入ります。」

 このとき、委員会の方々は失礼な態度をとったが、そんなの気にならない位必死だった。


 
 普通学級へのことはKさんも反対で、その数日後夫も含めて話し合いをした。

 説得には負けなかった。



 そして又数日後、校長先生に会いに行った。今度は普通学級に入りますと言うために。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-19 17:58 | 就学のこと

就学について6

 思えば、どうして7月の段階で、もっと具体的にうごかなかったのか。

 支援級ができなかったら、普通学級に入ればいいさと、自然の成り行きにまかせようという考えがあった。

 それと、校長先生の優しい態度に油断していた気もする。

 でもそれは、優しいというよりも、もう結果はみえてるといった余裕の態度だった。あとから考えてみれば。

 一人の子どもとしてみてくれている気は全然しなかった。


 
 年長の夏休みに、就学について担任のM先生が言った言葉、

 「コーちゃんにとって、安心できる場所があったらいいなと思います。」

 まっすぐで誠実なM先生が言われたからこそ、胸に響いた。

 私の考え(ベストは補助付きで普通級)に賛同してくださった副園長先生の言葉よりも。


 毎日コーキーのことを、よくみていてくださっているからこそ、そう感じてらっしゃる。

 理屈ではなく、本能的に感じた。


 
 コーキーにとって、安心できる場所、心のよりどころ。作ってあげたい。

 そうなると、やはり支援級。




 いろいろ考えてる暇はない。もう12月。

 そう考えてる矢先、年末に、神戸のYUKAママが、ま~ごんママ邸に来るとの連絡が。
 
 ま~ごんママからもお誘いをうけ、就活を一緒にしているママ友と一緒に伺った。


 素敵なおうちで、お昼ごはんをよばれ、みんなでいろんな話をした。

 すごく元気をもらった。

 そのときの自分は、気持ちが萎えたり、ファイティングモードになったりと、かなり疲れてたから。

 その場所に、特別支援教育のコーディネーターさんがいらした。


 帰りの車の中で、コーディネーターさんの言葉を思いかえしていた。

 「市議会議員で、どなたか知り合いはいないの?」と。

 そのときはいないですと言ったが、そういえば、以前職場の同僚の結婚式で、お仲人さんが議員だと言っていたような・・・。

  そう思って、その同僚に電話してみた。

 するとやはりそうで、その方と会わせてもらえるよう、頼んでみた。

 彼女もすぐに動いてくれ、今度会う約束をした。


 1月に入ってお正月を過ぎてからのこと。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-19 09:10 | 就学のこと

就学について5

 私の住んでいる市の場合、知的の支援級を開設するためには、軽度で、その地域の来春入学予定の子どもが、2人以上いないといけないらしい。


 校長先生に話をしに行ったら、まずそのことを言われた。

 今回は同級のママ友と、ひとつ下の子のママ友と3人で話しに行った。

 コーキーは中度の知的障碍。お友達は、限りなくN小学校に近い校区外。二人ともその規定にあてはまらない。

 いろいろ質問やお願いをしていたら、校長先生はその場で教育委員会に電話をし、確認して、

 「私には支援級を作る権利がないんです。力になれずすいません。」言われた。

 「教育委員会が作れというなら、作りますよ。」とも。


 なんで、こんなに余裕なんだろう。私たちはこんなに必死なのに。

 まだ男性の方が情がある?

 同時期入学の地域の子どもが二人以上出ることなんて、いつのこと?


 でも、何か手はあるはずだと、家に帰ってから考えた。


 ママ友も、動きだした。教育委員会に話しにいってみると。

 私も。


 そして、何度か教育委員会に出向いた。

 教育委員会の係りの人曰く、「もう、遅いんです。予算は8月に決定してるので。それも、市ではなく、県が決めることなので。」

 は?なんでそれを早く言わない?就学相談、11月だったんですけど。そのことを伝えると、それは、申し訳ないと言われてた。

 でも、何度言っても物理的に無理だからとの一点張り。

 それに、支援級を作るための条件を満たしてないしとも。


 条件って何?そりゃ聞いたから知ってるけど、今それを必要としている子どもがいるんだから、それだけでつくる理由になるでしょう?

 予算なんて、あってないに等しい。どっかをやりくりすればいいのよ。

 そう言いたかったけど、私はいつも穏便に話し合いをしたい方。


 でも、実際1人でも支援学級が開設されている。

 これって何?

 いろいろ調べてみてたら、その学校の校長の力が大きいことがわかった。

 権限はなくとも、校長の思いが必要だということ。


 N小学校の校長先生には思いはない。

 自分で動くしかないと思った。

 
 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-18 17:43 | 就学のこと

就学について4

 校長先生には、どういう形であれ、こちらの学校に通いたいという意志を伝えた。

 いろいろ話したあと(ほとんど私の意見を聞くだけ、一問一答みたいな面接)
 
 校長先生は、「まず、就学相談に行かれてください。その後又話しましょう。」と言われ、1時間弱でその日は終わった。

 にこやかに、受け入れてくれそうな、そんな雰囲気だった。

 もう一人のお友達の母も、同時期に動いていたが、その方も同じように感じたと。


 それからも、私はPTAの活動などで、しょっちゅう校長先生とは話すことはあったけど、就学のことは何も話さなかった。

 
 
 11月30日に、就学相談があった。

 その場で、「地域のN小学校に行きたいので。そこしか考えてません。」

 と伝えると、なんとか員の方は、「いや、N小学校には知的の支援級はないでしょう。こちらの地域なら、H小学校がありますが。」と。

 「いえ、H小学校には行きません。N小学校に通わせたいんです。支援学級を作ってほしいんです。」

 と言うと、「だから、できない場合どうするんですか?その場合の学校を決めてください。」となんとか員。

 「N小学校にしか行くつもりがないので、決めれません。」と私。

 何回これを繰り返しただろう。


 この方と話しても、話が進まないと思った。


 そんな感じで話したあと、コーキーの判定結果が出た。

 支援学校という結果。

 自分の予想通りだった。コーキーは軽度の知的障碍ではないから。


 疲れた。

 この後、コーキーを幼稚園に迎えに行った。

 お預かりで、ホールでみんなと遊んでいた。

 担任のM先生が、にこにこしながら出てきたとき、先生がキラキラした天使に見えた。ほんとに。

 涙がこみ上げてきたが、ぐっとこらえた。


 コーキーが、今ここで普通に受け入れられ、普通に生活している・・・もう数ヶ月経ったらこの生活はなくなるんだ。

 M先生は、なんて優しいんだろう。なんてコーキーを大事にしてくれてるんだろう。

 いろんな思いが私の頭の中にあって、苦しかった。

 
 コーキーの今の笑顔をなくしたくないと、強く思った一日だった。


 その日、校長先生との話し合いのアポとりをした。

 今度は、就学相談の結果と支援級開設の依頼をしに。




↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
 
[PR]
# by decorfin | 2010-05-18 17:02 | 就学のこと

就学について3

 一番近い支援学校、近くの小学校の支援学級をいくつか、ダウン症児の先輩が通う普通級、いろんなところを数年かけて、ゆっくりと見てまわった。

 どこかに決めるためというよりも、自分の気持ちの整理や、回っているうちに答えが出るかもという感じで。


 そして、年長の7月、答えを出した。

 地域で、みんなと一緒に育てていく。でも、普通学級では、今のコーキーにはあまりにも負担が大きすぎる。

 だったら、地域の学校の支援学級に。

 地域のN小学校には、情緒の支援学級はあるが、知的はない。

 どうしたらいいか、考えていてもらちがあかないと思い、N小学校の校長先生に相談に行った。


 夏休みに入って数日後のこと。
  

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-13 08:21 | 就学のこと

就学について2

 年少年中で、コーキーについてくださっていた先生が、年中の終わりに辞められた。

 ご本人は、卒園までみたかったと、本当に残念がられていたが、園にも事情があるのだろう。

 
 このY先生とのお別れは、私やコーキーにとって、かなり辛かった。

 コーキーは、言葉では表現できなかっただろうが、悲しかったと思う。

 私はというと、別れの朝3時頃から目が覚めて、涙がとまらなくなったほど。

 それでも新しい出会いは、きっとコーキーにとって素晴らしい成長につながると信じていた。


 先生が辞めて、コーキーに変化がおきた。

 園に行くのを拒む日が増えた。

 そのことで私自身、年長の一年は、苦しい日が多かった。

 コーキーの調子がいい日は私の心も晴れ、機嫌が悪く手に負えないときは、私の心は疲れきった。


 成長や他の理由もあるだろうけど、Y先生を失ったことは大きかったと思う。

 先生ご自身の自信満々なところに、ときどき圧倒され、びっくりさせられることもあった。

 でも、コーキーの居場所をつくること、お友達との中を取り持つことに関しては、スペシャルだった。

 きっと、天性のものだったんだろうな。

 本当にパワーに溢れている方だった。


 年長に上がるまで、お友達とちゃんとコミュニケーションがとれているとまではいかなくても、楽しんでいると思っていた。

 コーキーは、お友達の中にいることが好きだと思っていた。

 でもそれは、その先生の力が大きいからこそありえたことだった。

 
 今となっては、コーキーの実力がわかって良かったとも言える。


 ずっと普通級でと考えて、なんの迷いもなかった自分が立ち止まった。

 年長になってから数ヵ月後、支援学級に通うことがベストだと答えを出した。

 分けずに育てて行きたいと思い続けていた自分にとって、苦渋の選択だった。


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

 
[PR]
# by decorfin | 2010-05-12 17:20 | 就学のこと

就学について

 ぴりちゃんとコーキーを学校へ送り出し、時間差で私も学校へ。

 朝、先生が来るまで教室の廊下で待機する。

 平日は毎日の日課になっている。


 家に帰って、おうちのことをしようと思うが、いつもダラ~ンと気が抜ける。


 幼稚園のときに比べて、朝の余裕のあること。

 やればできるじゃ~んと、コーキーだけでなく、自分自身にも言いたい。



 就学活動、コーキーの場合。

 私が具体的に考えだしたのは、コーキーが幼稚園に入ってからすぐのこと。


 それまでも、漠然と、みんなと一緒に、ごく当たり前に、自分の住む地域で、分けられることなく・・・と考えていた。

 それが、どんな子どもにも与えられる権利だと信じていたから。


 幼稚園に入る前は、まず入園!と、そのことがほとんど。

 ひとつクリアすると、もう次のことを考えてしまう。

 人間の性なのか・・・。


 年少の2月、佐賀に、北村小夜先生の講演会を聴きにいった。

 先生は、どんな子どもでも、普通学級に入ること、決して分けてはいけない!と、熱く語られた。

 自分のそのときの考えに、スコ~ンとはまった。



 実際、市内に普通学級に通うダウン症児の先輩がいた。

 学校に見学に行かせてもらったり、お母さんの話を聞いたりした。

 分けて育てることの疑問は大きくなり、やっぱりみんな一緒に育ってほしいと思っていた。

 
 今でも、みんなでどんなことでもいっしょに・・・という考えは変わらない。

 でも、年長のとき、私の考え方に変化がおきた。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-11 09:08 | 就学のこと

泳ぐのが好き!

 うちの子どもたちは本当に泳ぐのが好きだ。

 結構早くから泳ぎに行ってるからなのか?幼稚園にあがる前など、私も暇さえあればプールに連れて行っていたからなのか?パパの遺伝なのか?

 とにかく水に入りたがる。

 ぴりかも季節問わず、プールへ連れて行って攻撃があったので、手っ取り早く近所のスイミングに通わせることに(今年で3年目。冬場など、親が風邪ひいてるときなど、本当に助かる!)。

 コーキーもあたたかくなると、家のおふろをプール変わりに遊んでいたのだが、最近姉がプールの用意をしてでかけるのに気づきはじめ、「プール、行く!!」と、自分の水着を持ってきたりするように。

 水着を必死で着ようとしている姿をみると、いじらしくなった。


 コーキー、まだ自分でしっかりお着替えできないし、男子更衣室に私は入れないし。

 大体どこのプールも、「自分で着替えができること」が基本らしい。

 以前、人から、男性のボランティアさんに連れていってもらう方法も聞いたけど、そこまでする程でも・・・でもいい案だよなあと・・・スイミングの件は放置されつつ、コーキーの「プール行きたい!」は続いていた。


 それでこの間、やっちゃんにコーキーのいじらしい話をしてたら、どうも彼もそのことが気になっていたみたいで、水泳部の先輩たちと飲みに行ったとき、相談したらしい。

 そしたら、先輩の中で、障碍のある子どもたち対象のスイミングをしている人が!(さがせばいるよねえ。やっぱりさがさなきゃだめよね。)

 
 ボランティアでしていて、コーチは登録制で今現在20名程。

 ただ、いつも来る人は同じで、生徒の数に比べコーチが足りなく、これ以上生徒は増やせないと。

 
 でも話の中で「お前がコーチとして働くなら、子ども一人OK。」という感じになったよう。



 早速、昨日その第1回目。

 コーキー、やっぱり大喜びだったそう。

 親がおしえる以上に、コーチの言うことを聞いていたそうな。

 あ~~、やっぱり他人様パワーはすごい~。


 やっちゃんはと言うと、脳性まひや、肢体不自由の子どもたちのコースでコーチしていたそう。

 中学生までいたようで、重い体重をずっと支えていたから、体がこわばったそう。

 
 いろんな話をしてくれた後、「明日は筋肉痛やなあ。」と言った彼の顔は、なんだかすがすがしかった。

 
 コーキーのスイミング、コーキー以上に学べる人も出てきそうな予感。ぷぷぷ。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-10 09:36 | コーキーの成長

入学式

 入学式は、雨が降っていました。

 桜の花の前で写真を撮りたかったなあと思いましたが、そんな余裕はありませんでした。

 
 式前の待機は、交流学級で。

 
a0118876_841574.jpg


 この間、先生が一人ついていてくださいました。

 
 その後、体育館にて入学式がおこなわれました。

 かなり長かったのですが、コーキー大体上手に座ってられました。(←大体がミソ)

 6年生がお祝いの言葉を言ったり、カエルのうたを歌ってくれたりしましたが、ずっと合いの手を入れていて、酔っ払いのおやじみたいでした。

 校長の顔をこわくて見れませんでした・・・。ぷぷぷ。
 
 
a0118876_894890.jpg


 その後写真撮影

 
a0118876_8103063.jpg


 帰りは支援学級へ。

 先輩たちが作ってくれていたくす玉を、一緒に入学したお友達と一緒にひきました。

 
a0118876_8122414.jpg


 
a0118876_812439.jpg


 
a0118876_8154927.jpg



 コーキーの笑顔、最高です!


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-09 08:18 | コーキー学校生活

卒園式で

 最近自分自身にすごく余裕があります。

 コーキーが学校に入ってから、コーキーの気持ちが落ち着いている・・・それが何よりの理由だと思います。

 で・・・、卒園式のことを。


 2月の生活発表会の舞台がよっぽど楽しかったのか、舞台大好きになったコーキー。

 ひとりひとり卒園証書授与するとき、壇上に上がるのですが、にこにこして会場のみんなに愛想ふりまくり。

 しっかりもののお友達がちゃんとしなさいと手をひいてくれました。

a0118876_734459.jpg
 
  
 写真はありませんが、きちんと園長先生から授与され、離れたところで待っている私のところに、卒園証書を持ってきてくれました。

 母たちがならんで立っていて、自分の子どもの番がきたら一歩前に出て、子どもが渡しに来るのを待つという設定でしたが、何人ものお母さんたちから、

 「コーちゃんが渡しに行ったのみたとたん、涙が溢れた~。」と言われました。

 コーキーがまともに私のところに来れたこと、感動でした。

 親子で大好きだった幼稚園。

 ぴりちゃんのときから6年間、親子共々お世話になりました。

 神様が守ってくれていた幼稚園。ずっとずっと優しい幼稚園でありますように。


 どんなことがあっても、S幼稚園は素敵な幼稚園です。

 
a0118876_743147.jpg


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-09 07:45 | コーキー幼稚園生活

大分キャンプ

 GWは大分に家族4人でキャンプに行きました。

 九重の山登りをメインに・・・と思っていましたが、温泉がメインになったかも・・・。

 大分は温泉の名所なので、行く所々に温泉の湯気が立ち上っていて、なんとも風情のある光景を目にすることができます。

 私が風邪をひいていたので、ゆっくりペースの旅行になったのかしら。

 2泊3日でいきましたが、後半はやっちゃんが風邪を引き・・・ごめん、うつったね。

 私は温泉のおかげか元気ピンピンに。


 楽しかったです。


 
a0118876_2112557.jpg
a0118876_21125092.jpg


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-05-07 21:16 | 家族で

エリーゼのために

 この間の日曜は、ぴりかのピアノの発表会でした。

 海の見える、大正ロマン的なレトロな建物で(本当に大正時代からのものです)あったのですが、もうバッチリのシチュエーションの中でおこなわれました。

 ぴりちゃんの演奏する曲は、ベートーベンの「エリーゼのために」
 
 数ヶ月前から練習していましたが、本当にうまくいくのか??と、普段の練習風景から考えると、母はドキドキしていました。

 でも、すごく心がこもった演奏をすることができました。

 
 ぴりちゃんの成長を感じました。

 4年目にしてはじめて、先生から発表会でお褒めの言葉をいただきました。

 別に音楽家になればとは思わず、何か自分に自信がつけれればと思って、見守っていますが、これからも自分のペースでがんばってくれたらな。


 しかし、遊ぶことに夢中の4年生。

 ピアノと勉強の時間を確保するのに、格闘中の毎日。

 まあ、ぼちぼちがんばれよっっ!

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-04-28 17:19 | ぴりかのこと

雨~!

 ここ数日雨が降っています。

 この間雨が降ったとき、コーキーは傘を前に倒して歩いたので、学校に着いたときはびしょぬれでした。
 なので、数日前にレインコートを買いました。

 私と歩くと自分で傘をさしたがらないので、いつも私がさしかけていて、幼稚園のときはそう濡れることはありませんでした。

 でも、おねえちゃんと行くとなると、自分でやる!と、いろんなことにやる気になってくれるようで、ランドセルもすっぽりのレインコートを着て、傘もさして出かけました。(雨靴は嫌がってはきませんが。)

 いつものように、今朝も100M位はなれて後ろから歩いていました。

 角を曲がり見えなくなったので、少し早足で行くと、公園の横に人だかりが!

 まさか??と思いかけよると、おねえちゃんたちが、

 「コーキーが溝にはまってびちゃびちゃに・・・!!」と。

 這い上がってきたあとのようで、胸まで水の中にはまったよう。結構水深があるところでした。

 その公園横の溝は、雨のとき溢れて洪水のようになるので、前のおうちの方も、市の方になんとかならないかと、今訴えてる最中なのだと言っていました。

 しかし、ケガもなく、溺れなかったので良かったです。

 水溜りと思って、足をつっこんだ様子。

 レインコート着ても、下から濡れるんかい!と、まあ無事だったので、笑いが込み上げてきました。

 これで少しは学習してくれたらいいなあ。

 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
[PR]
# by decorfin | 2010-04-27 12:32 | コーキー学校生活

入学!

 長い長い冬がすぎ、あたたかい春がやってきました。

 ベランダのはごろもジャスミンの蕾も日に日に膨らんできて、花を咲かせるのを今か今かと待っているようです。

 コーキー、地域の小学校の支援学級に入学しました。

 今月の12日が入学式でした。

 今日で3日目になりますが、ぴりちゃんとそのお友達と手をつないで、にこにこしながら通っています。

 母はストーカーになって、後ろをついていってます。

 コーキーの笑顔を見て、これで間違いじゃなかったと、やっと思えました。

 もちろん、今から考えていかなければならないことはあります。

 でも、就学運動をしている間、これでいいんだろうか・・・コーキーにとって、本当に正しい道は??と、母は考えあぐねていたので、ここ数日のコーキーの安定している姿を見て、ひとまず安心しているのです。

 入るまでは苦しいことばかりでしたが、今感じるのは、先生方がコーキーを受け入れようとしてくださっていること。
 
 感謝したいと思います。

 もう少し余裕ができたら、就学問題のことも書いていきたいと思います。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2010-04-14 09:51 | 就学のこと

やっとのごあいさつ

 あけましておめでとうございます。

 なかなかブログに書き込むことができませんでした。

 まずは、コーキーの就学問題。いまだ停滞中・・・。

 去年から、支援学級を作ってくださいと、学校長と教育委員会にお願いをしていますが、無理の一点張り。

 いろいろ策を練っております・・・。

 しかし、もう1月。

 行く、逃げる、去る、ですぐに4月になりそう。


 どうなることやら・・・。

 少し逸れますが、最近、ラベンダーオイルと、オレンジオイルで、なんとか精神状態を保ってます。

 やっぱり人間は生物だなあ。と、つくづく感じるこの頃です。


 今年は去年よりブログをアップしたいな。

 
 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ

 
 
[PR]
# by decorfin | 2010-01-18 11:59 | 日々のこと

バザー

 幼稚園のバザーがありました。

 今年も大盛況で、素敵な手作りのものがいっぱいならんでいました。

 うちの幼稚園は、手作り品が好評で、毎年外部からも沢山の人たちが来ます。

 同じ日に、小学校のバザーがある予定でしたが、こちらはインフルが原因で中止。

 私もPTAで参加する予定でしたが、急きょ中止となり、なんだか力が抜けました。

 でも、そのおかげで(前向きに考えると)、幼稚園バザーの方をゆっくりみることができて、良かったです。


 私の手作りの布ナプキンも売れました~。

 ぴりかはこどものお店の店員になって、楽しそう~。

 コーキーは去年まで補助をしてくださっていたY先生との再会で大喜び。私の手を振り払って、ずっと先生と一緒に周っていました。


 楽しい1日となりました。

 
↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-10-18 08:35 | 日々のこと

1枚のカーデガン

 昨日は、ぴりちゃんのバレエの日でした。

 帰りは寒かったので、マンションの正面玄関に車を止め、ぴりちゃんにコーキーと手をつないで先におうちまで帰るようにお願いしました。(私は駐車場に車を止めに行くので)

 出かけるときに、ぴりちゃんに私のカーデガンを貸していました。
 そのカーデガンが、ぴりちゃんとコーキーの座席の間に置いてありました。

 2人が車から降りる前に、カーデガンをコーキーに着せた方がいいかなと思い(風邪をひくとやっかいなのはコーキーの方なので)、ぴりちゃんに、コーキーに着せてもいいかと聞こうとしました。

 でも、ここで考えました。
 寒いのは二人とも同じ。しかも、コーキーの上着を持ってこなかった私が悪い。
 ぴりちゃんは、私の上着を貸してと言い、自分で用意した。
 コーキーに貸してやれというのは、理不尽だよなあと・・・。

 それで、やっぱり言うのはよそうと思い、二人を降ろしました。

 ぴりちゃんは片手にカーデガンを持ち、コーキーの手をひいて、階段を登って行きました。

 私は、二人の後姿を見送っていました。

 すると、階段を登りつめたところで、ぴりちゃんがコーキーにカーディガンを着せてくれました。

 
 運転しながら、目の前がぼやけて、いけませんでした。

 ぴりちゃんが成長していること、すごくうれしく思いました。

ママが、あなたのことをすごく大切に思ってること、わかってくれてるかなあ。
 大好きなこと、わかってるかなあ。


 いつも「片付けなさ~い!」「宿題したの~?!」とがみがみ言ってるけど。

 世界一大事な人です。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
 
[PR]
# by decorfin | 2009-10-17 20:50 | ぴりかのこと

新型インフルエンザ

 とうとう、我が地区にも新型の波が押し寄せてきました。

 娘のクラスにも1名。でも、まだ学級閉鎖にはならない様子。

 なんだか毎日ドキドキします。

 学級閉鎖になった方が安心するんだけどなあ。

 今日も、4歳の幼児の死亡が確認されてたし・・・。


 う~~ん!家族みんなでなんとか乗り切るしかないな。とにかく睡眠と栄養休養が大事だよな。

 いろいろ考えております。

 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-10-14 17:42 | 日々のこと

最近のコーキー

 沢山成長しています。

 それと共に、問題行動ももれなくついてきます(笑)

 

 幼稚園に行くとき、自分で靴をはかない、自分で歩きたがらない。てこでも動かなくなることあり。

 嫌なとき、大声で叫んだり、めがねを投げる。(投げ方が前よりすご~く強くなった。)
 
 
 トイレに行けるし、お着替えもだいぶ上手になってきているのに、自分でやることをすごい拒否する。

 他にも色々ありますが、今私自身が手を焼いているのが、上記のことです。

 こういうことは、ほぼ毎日あります。

 多分ここらへんで、コーキーの就学のことについて、思い悩むんだろうなと思います。


 次は喜ばしい成長。

 言葉は増えているんだけど、なかなか会話がなりたたないなあと思っていました。

 でも、私は、毎日コーキーに普通に会話をします。はいとかいいえの答えではない質問をしたり。

 今までは、あまり答えることができなかったのだけど(多分理解していなかったから)、このあいだからベストな答えが返ってくるように。

 「コーキー、幼稚園行こうか~。幼稚園には誰がいる?」
 
 「せんせー。」

 これ、コーキーにとっては劇的なことなんです。

 言葉がでても、一方的で、会話にならなかった。うんとかいやとかの返答は今まであったものの、具体的な言葉での返答ができるようになるには、すごく時間がかかりました。

 でも、いつもではない・・・。多分、少しづつ増えてくれるのではと、期待しますが。
 
 
 「コーキー、今幼稚園でなんの讃美歌歌ってるの?」

 「しゅーイエスーととーもーにー・・・・・・・・・。」

  元気よく歌ってくれた讃美歌は、運動会の開会式で、歌われました。

  コーキー、すごいじゃ~~~ん。


  こんな感じで、問題行動はもれなくついてはくるものの、コーキー君は日々成長しています。



↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村

 
[PR]
# by decorfin | 2009-10-11 08:13 | コーキーの成長

興奮冷めやまず

 今日は、コーキーの幼稚園での最後の運動会でした。

 年長さんにもなると、ある行事がすべて最後になるので、非常に感慨深いものになります。

 
 しょっぱなの、「はじめの体操」。昨年は最初に首をななめ45度に傾け固まっていました。

 それが、今年は最初からしっかり体操をしている!

 母はもう~~、感動しました。

 でも、中盤からやる気がなくなったのか?ふざけた顔をして、先生の注目を受けようとしていました。

 昨年よりできることが増えましたが、ふざけることも増えた・・・という感じ。

 園長先生のお話のとき、前の子にちょっかいをかけたり・・・。

 まあ、成長成長・・・と自分に言い聞かせましたが。
 

 そのあとの綱引きは、コーキーは綱に手を添えてるだけのような感じではありましたが、しっかり参加できていました。

 コーキーのいる赤グループさんは優勝できました。本人もジャンプして喜んでいました。


 お次は玉入れ!1個入れることができたんです。練習のときも1個入れられたので、偶然じゃなかった!以外とコントロールいいかも・・・と思いました。 


年長さん恒例のパラバルーン!完璧でした。
 やっぱり音楽に合わせてのダンスは得意だなあ。


 そして最後の年長児リレー!
 練習のときは、自分ひとりで走れたのですが、やはり本番は緊張したかな?
 すぐにスタートできなかったので、仲良しのH君が手をつないで走ってくれました。

 赤グループさんは最下位だったけど、あのコーキーとH君のうれしそうに走る姿が忘れられません。
 それと、アンカーのM君。ビリだとわかってて、涙をこらえて一生懸命走る姿は、おばちゃん感動したよ。
 すごく格好良かった!
 

 リレーの作戦会議があった日、コーキーのことを思ってみんなが沢山の案を出してくれました。

 おかげで、コーキーも運動会のすべてを楽しむことができました。

 本当にありがとう。

 そして、先生方、ありがとうございました。

 これからもいろいろあると思いますが、親子共々宜しくお願いいたします。

 (母も走りました!太もも筋肉痛~~~!)

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-10-10 21:35 | コーキー幼稚園生活

五校合同

 今日は第4回家庭教育学級でした。

 地域の5校合同の学級でしたが、ひとまず終わって安心。

 発達障碍の講演会と、女性5人(本当は10人位いらっしゃるそう)のグループPAOクラブさんの演奏会を、前半後半にわけて行いました。

 私自身は、発達障碍の講演会よりも、PAOクラブさんのピアノの連弾や、童謡をみんなで歌ったりすることの方が胸に残りました。

 最近、ばたばた寝かしつけてて、絵本読みは欠かさないものの、子守り歌、聞かせてないなあと反省。

 その晩は、もちろん歌いました。

 やっぱり音楽はいいなあ。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-10-06 20:48 | 日々のこと

人形作り

 先日から、ウォルドルフ人形を作っていますが、同時進行でもう一体作りはじめました。

 クリスマスに、母からとして、ぴりかとコーキーにプレゼントする予定です。

 今回のものは、少し大きめで、着せ替えもできるし髪型もいろいろアレンジできるタイプ。

 内緒で作っているので、なんとかクリスマスまでに、こそこそとお洋服までつくらなくっちゃ!!


 でき次第、写真もアップしますね!


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-09-30 07:06 | みよのお気に入り

バスハイク

 昨日は、小学校の成人委員会主催のバスハイクでした。

 行き先は「ぶどうの樹」。

 地元の方はご存知だと思いますが、レストランや、ワイン、ぶどうジュース、天然酵母のパンが売ってたり、結婚式もできたりする、田舎の自然の中にある施設です。

 とにかく、お天気に恵まれたこと、新型インフルエンザの波がまだ学校などにおしよせてなかったことに、すご~く感謝です。

 数人のキャンセルはでたものの、27名と、お子様3名と、無事に行って帰ってくることができました。

 メインは「ソーセージ教室」

 皆さんとわいわいがやがやで、すご~く楽しかった~!!

 お土産のソーセージも、子どもたちも喜んでくれたし、満足満足です。



 帰りのバスの中・・・。ワインとジュースの試飲をしすぎたのか・・・。おなかがぴ~ぴ~。

 やばい!となりのOさんがしゃべりつづけているのを、もうろうとしながら聞いていました。まあなんとかなりましたが・・・。


 そんなハプニングはちょっとだけありましたが、無事済んで良かった~。

 次は、バザーです。がんばるぞ~。

 
↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-09-19 07:28 | 日々のこと

今のありのままを

 今のあなたでいい。

 今できていることに感謝して、ありのままの姿を受け入れる。

 こうであってほしいとか、こうなってほしいと思わずにいられたら・・・。


 辛かったあのときを考えたら。命さえあれば!!と思ったあのときに比べたら、今みんなでここにいられることに感謝できるのに。


 いつも自分が心穏やかでいられますように。

 神様、見守っていてください。
 
 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-09-16 16:27 | 日々のこと

光の子クラブで

 8月のあたまの数日間、ぴりかは林間学校、コーキーは幼稚園のお預かり(光の子クラブ)に行ってました。

 光の子クラブは、すごくカリキュラムが充実してて、もう少し値段が安ければあと何日か経験させてあげたかったなあと思うところです。
 年長さんになって、夏休みの光の子クラブははじめての経験。手厚い先生方のおかげで、機嫌もよく、にこにこ顔で帰ってきました。


 この光の子クラブに送りに行ったときに、担任の先生と副園長先生と、話をする時間がありました。

 就学相談の資料に書きもれがあり、それを記入しに来たのですが、コーキーの就学のことで結局一時間以上は話しました。
 
 お二人とも、とても親身になって考えてくださってて、感謝です。

 私の考えを述べたところ、副園長先生は、

 「就学相談のときに、今のことをすべて話しましょう。第一希望は加配を付けての普通学級、第二希望は知的の支援級をつくってもらうこと。たとえだめでも自分の希望は言っていいですよ。」

 そのようなことをおっしゃいました。
 
 副園長先生は、コーキーを普通学級に在籍させることに賛成の様子でした。
 
 担任のM先生に伺ってみると、「私は、コーキー君が安心できる場所があれば・・・。」とおっしゃいました。やはり支援級の必要性を感じられてるのだと思いました。 
 
 まさに、私はこのお二人の意見の両方を行ったりきてる感じの数ヶ月なのです。


 副園長先生のような強気の考え(先生ごめんなさい)。理想です。

 「共に生きる」。共生のことばかり考えていた自分は、普通級しか考えていなかった。
 でもM先生は、私と同じように、毎日コーキーと接していて、私と同じように感ずるところがあるのだと・・・。

 安心させてあげられる場所。それが支援級ならば、その選択がいいのか。支援学校も又然り。

 う~ん。早くすっきりしたい。
 


 幼稚園の先生方、いつもいつもありがとうございます。

 コーキーのことを考えてくださり、ありがとうございます。

 感謝感謝です。


 *園長は、大学の院長と兼任なので、副園長が実質園長のような幼稚園です。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-08-24 08:34 | 就学のこと

校長先生と

 8月のあたま、地域の学校の校長先生に、就学の話をしに行きました。

 考えがまとまってないし、この学校に決めることにも不安があって、迷っているところでした。

 いつもお世話になってる先生からの電話と、仲良しのママ友の一押しで、校長先生にアポとりの電話をしました。

 すると、「あさってから忙しくなるので、今日か明日だったらお話できますよ。」と。

 う~ん、だったら今から行って話すか!と一念発起し、お願いしました。


 ぴりちゃんは林間学校に行っていて留守だったので、コーキー1人をママ友に預かってもらい、ひとりで話に行きました。


 校長先生は、女性の先生です。前にも記述しましたが、教育委員会で長くお仕事をしていたそうです。 さっぱりした感じの印象です。


 「いつもお世話になってます。」と、あちらから言ってくださいました。

 ぴりちゃんの学年で役員をしてるし、絵本ボランティアもしてるので、かなり顔はわれてます。(笑)


  「息子の来年度の就学のことで、相談にのっていただきたいのですが・・・。」

  から切り出し、だいたい40分位話しました。


  自分が、今迷ってること。普通級にと思っていたけど、やはり支援級に惹かれだしている。
  そして、知的の支援級を作れるか?などということを、伝えました。


  校長先生は初めに、「最終的には、親御さんの意向に沿うので、こうしたいといわれたことに対して、こちらも一生懸命努力はします。」と言われました。

  その後、「でも、やっぱり支援教育は大事だなと、実感しているところなんですよ。」と、今年できた情緒の支援級を例にあげて、お話されました。

 私も、今の迷っていることを正直に話せたし、校長先生のお考えもなんとなくわかったしで、話に行ってよかったなあ~と思いました。


  ただ、私が迷わず、「やはり、普通級で、加配をつけて・・・。」とお願いしたら、どうでるだろう・・・。そんなことも考えます。

  まあ、ちょっと前進できた気がして、スッキリしました。

  今度は、就学相談後に話しに行きます。


 ↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-08-23 08:14 | 就学のこと

お電話をいただき

 夏休みに入って少し経った頃、ぴりちゃんの学校の先生から電話をいただきました。

 少し前から、コーキーの就学について、いろいろ相談にのってくださってます。
 いろんなことで接点のある先生で、たしか学校では子ども支援という立場にあられると思います。

 「一人でいろいろ考えるより、一度校長と話したら?」と。

 自分の考えがまとまらなくなってきたので、校区の校長先生とお話するのはまだ先だと考えてた矢先の電話でした。

 う~ん。前なら、普通学級に通うためにはどうしたらいいですか・・・という質問やコーキーのアピールの策を練って・・・などと考えていたのですが。

 今は、何が正しいのかわからなくなっていて、正直普通学級で過ごすことが、コーキーにとってかなりのストレスになるのでは?と考えるようになりました。

 まだ、可能性を否定したくない。
 でも、実際おしえたことが、ざるのようにこぼれ落ちていくのを見てたら、なんだか支援級でコーキー独自の学習を積み重ねていく方が良いのではないかと・・・。

 それと、ぴりちゃんと同じ学校に行くのは、ほんとにいいのか??など、そんなことも考えだしました。


 こんな気持ちの状態で、校長先生と話すのもいかがなものかと・・・。

 でも、話に行きました。

 話の内容は又書きます。

↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-08-20 11:57 | 就学のこと

まわってます。

 コーキーの就学の選択。
 
 とうとう本番!という感じです。

 1学期の間、私もコーキー就学問題以外に悩むこともあり、かなりブルーになっていました。

 夏休みに入り、少し心に余裕ができたので、1学期の就学活動(就職活動かい!)を報告します。


 まず、幼稚園の先輩たちが行っているまあまあ近い学校の支援級に行きました。

 先輩ママからも、いいよ~~とのお墨つきで、実際見学に行ったらほんとにかなりの好印象を受けました。
 先生にやる気がある!若くて明るい!そして、何より1年前に校長先生の希望で支援級が作られたということ。校長先生の支援級への思いがあついということ。支援級の専属のヘルパーさんも設けていること。普通級との交流を上手にしているらしいこと。
 いいことづくしです。

 次に、少し離れているけど、同じマンションから通っているお友達がいる学校の支援級。

 こちらは、随分前からあるもので、おちついた印象を受けました。直感なのか・・・惹かれませんでした・・・。(直感って大きいですよね。)


 そして、お次は一番近い支援学校。

 当然なのか、先生方がいい!話しやすい!質問に対して、的を得た答えがかえってくる!
 これは、かなり魅力です。
 親子で安心できる場所・・・。ほんとに惹かれます・・・。

 でも、普通学校と比べると、刺激はぐっと減るだろうな・・・といった感じです。



 お次は、校区のぴりちゃんの学校の情緒の支援級。

 今年開設されました。
 情緒だけの問題なので、普通級とは変わらない勉強をしています。
 担任の先生に伺うと、「知的でも入れないことはない。自分は、以前勤めていた学校で、情緒も知的も混ぜて担任をもったことがある。でも、やはり、分けていたほうが指導がしやすいし、こどもたちにもいいように思えた。」と。

 結構本音で話されてる感じがしました。
 
 そして、「知的の支援級を、作ることはできると思います?」と質問したら、

 「そりゃあ、お母さんたちが声をあげればかならずできますよ。」と答えてくれました。


 各学校の支援級を、まだみようと思ってました。
 別にそこに通うということではなくて、いろんなところを比べてみたくて。
 
 でも、やめました。

 学校巡りでまわっているうちに、自分の頭の中もまわりだしたから。

 そして、わけがわからなくなってきたから。

 ついこの間まで、校区の普通学級1本で考えていた私でした。
 でも、コーキーがなかなか人の指示に従えないということ。(いやいやで、てこでも動かなくなる!)多人数のときより、少人数のときの方がいきいきしているということ。
 こういうことは、実際この年齢にならないとわからないもので、想像していませんでした。

 人間好きだから大丈夫。お友達すきだから・・・。と考えた上での、普通学級でした。


 夏休み前、自分の考えの切り替えをにすること、それがしんどかったなあ。
 今は、ふりだしに戻った感じです。

 すべてのことを選択肢に入れて、再スタートです。


↓ ランキングに参加してます。クリックをよろしくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


  
[PR]
# by decorfin | 2009-08-19 17:17 | 就学のこと

久々~。

 PCの状態が悪く、久々の書き込みです。

 書きたいことが貯まっていますが、又少しづつ書いていこうと思います。


 今日、実家から帰ってきました。

 姉家族と合流して、にぎやかな楽しい毎日を過ごすことができました。

 おうちに帰ると現実に引き戻された感じ・・・。

 こどもたちと、又楽しいことするぞ~~!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
# by decorfin | 2009-08-18 18:51 | 日々のこと


ミレニアムBABY、元気いっぱいの女の子、ぴりか。  2004年生まれの男の子、ダウン症持ちのコーキー。   我が家のちいさなひとたちを中心に、平凡のような、そうでないような毎日を綴っていきます。


by decorfin

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
家族で
おもちゃと療育
日々のこと
ぴりかのこと
コーキー幼稚園生活
コーラス
みよのお気に入り
造形教室
絵本
ダウン症や障碍のこと
心に残ったこと
就学のこと
コーキーの成長
コーキー学校生活
手話
ホメオパシー
コーキーのことば
コーキーのピアノ
未分類

最新の記事

お久しぶりの記事♪
at 2011-04-06 22:01
ちがった!
at 2011-02-22 08:30
体験入学
at 2011-02-09 09:47
自分の夢
at 2011-02-06 08:01
ちょっとちょっと!
at 2011-02-04 09:00

HP&ブログ

以前の記事

2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 01月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧